エネルギー関数法を用いた過渡安定度解析に関する研究

電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集 Volume 58 Page 411-412 published_at 2007-10
アクセス数 : 1264
ダウンロード数 : 267

今月のアクセス数 : 4
今月のダウンロード数 : 3
File
rentai2007_p411_1202-6.pdf 138 KB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
エネルギー関数法を用いた過渡安定度解析に関する研究
Creator
Fujiwara Takuma
Maruyama Kakeru
Source Title
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集
Volume 58
Start Page 411
End Page 412
Abstract
電力系統は大規模・複雑化に伴い安定性解析の重要性が高まっている。また電力自由化により、リアルタイムでの解析の必要性が生じている。本稿では、高速性・高信頼度を実現でき、大規模系統においても解析可能な過渡安定度解析手法を提案する。これは系統内の故障がCCT(臨界故障除去時間)で除去されたときの系統が描く軌跡が不安定平衡点に収束するという性質を利用し、その軌跡とCCTを一括して直接求めるという手法である。本稿では、この手法を WEST30機系統で解析を行い、その有効性を検証する。
Keywords
電力系統
過渡安定度
安定性評価
エネルギー関数法
NDC
Electrical engineering [ 540 ]
Language
jpn
Resource Type conference paper
Publisher
電気・情報関連学会中国支部
Date of Issued 2007-10
Rights
Copyright (c) 2007 by Authors
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[NCID] AA11138730