このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14962
file
creator
subject
歳差運動
磁気モーメント
磁気回転比
カップリング
Hund's case
Eulerの方程式
NDC
Chemistry
abstract
分子分光学におけるHund's caseの解説の中で必ず出てくるのが,電子軌道角運動量Lやスピン角運動量Sの分子軸まわりの歳差運動の話である。多くの本で,各case間の相違が,「各角運動量の分子軸方向への"カップリング"の程度の違い」として表現されているが,そもそもこのカップリングというものが一体何かということが,分光学のバイブルともいえるHerzbergの本あたりでもあまり明確に表現されていない。Bingelのテキストは,分子軸まわりの歳差運動の周波数の大小関係という切り口で,(Herzbergよりも)丁寧に物理的な説明を与えており,比較的理解しやすいものであるが,カップリングの由来に関する説明は十分なものではない。さらに,LやSの分子軸まわりの歳差運動の他に,分子軸自身の全角運動量まわりの歳差運動の周波数もHund's caseの決定に必要な材料となるが,この周波数の出所・導出も明記されていない。例えば,分子軸まわりの角運動量がP_zであれば,その軸まわりの回転周波数は|P_z|/(2πI_A)ではないかと考えてしまうが,実はこれは誤りであり,Herzberg自身も「not simply |P_z|/(2πI_A)」と注意を付けた上で,(1/2π)((1)/(I_A)-(1)/(I_B))Pzであると書いている(Vol. II, p 23)。さらに,分子軸が全角運動量ベクトルのまわりを歳差運動する周波数が|P|/(2πI_B)で与えられるとも書いているが,なぜ全角運動量を分子軸に垂直な慣性モーメント(I_B)だけが担っている運動量であるかのように計算してよいのか,という点に関する説明はなく,読者は戸惑うことになる。本書は,上記のポイントの理解を助けるために書かれたmonographである。
description
第11版第3刷
publisher
漁火書店
date of created
2020-06-14
language
jpn
nii type
Book
HU type
Books
DCMI type
text
format
application/pdf
rights
Copyright (c) 2020 by Author
relation
第6版(2005)
第8版(2009)
第9版第2刷(2012)
第9版第3刷(2012)
第9版第4刷(2012)
第9版第5刷(2012)
第9版第8刷(2018)
第9版第10刷(2019)
第9版第12刷(2019)
第10版第6刷(2019)
relation url
department
Graduate School of Science
Graduate School of Advanced Science and Engineering



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times