三角ブロックにおける情報不備課題の定義と演習化

JSiSE Research Report Volume 37 Issue 6 Page 29-36 published_at 2023-03
アクセス数 : 64
ダウンロード数 : 46

今月のアクセス数 : 3
今月のダウンロード数 : 2
File
JSISEKenkyuHoukoku_37-6_29.pdf 1.01 MB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
三角ブロックにおける情報不備課題の定義と演習化
Title ( eng )
Design of Exercise for Arithmetic Word Problems with Insufficient and/or Excess Information
Creator
Shimizu Takumi
Osaka Ryuji
Moriyama Emiri
Yamamoto Sho
Maeda Kazushige
Source Title
JSiSE Research Report
Volume 37
Issue 6
Start Page 29
End Page 36
Number of Pages 8
Abstract
算数文章題の統合過程における学習支援システムとして,算数三角ブロック組立演習が提案され,学習効果が確認されている.システムで演習化されているのは問題とし ては情報が全て揃ったもののみであり,学習者の思考は与えられた情報内に留まる. 一方で, 解くための情報を不備化させた問題においては, 問題に含まれている情報を吟味し,情報不備の検出と対応が必要になるため,これまでの研究においても学習者における有用性が指摘されている.しかしながら, 情報不備課題においては多様な正解が生じる場合が多く,このため答え合わせに困難が生じるため, 具体的な実施事例はほとんど見当たらない. 本研究では, 算数文章題 における情報不備課題を 詳細に分類 し,三角ブロックを用いて 診断・フィードバックを伴った 演習化 ・システムの構築をおこなっ た.本稿では,小学校教員 らを 対象 とした利用実験 の結果 についても 報告する.
Keywords
学習科学
算数文章題
三角ブロックモデル
情報不備課題
完備化活動
Language
jpn
Resource Type journal article
Publisher
教育システム情報学会
Date of Issued 2023-03
Rights
Copyright © 2023 教育システム情報学会
Publish Type Version of Record
Access Rights open access