代数文章題立式の概念構造操作としてのタスク化と支援システムの設計開発および実践運用

JSiSE研究会研究報告 Volume 33 Issue 6 Page 117-124 published_at 2019-03
アクセス数 : 43
ダウンロード数 : 35

今月のアクセス数 : 2
今月のダウンロード数 : 3
File
JSISEKenkyuHoukoku_33-6_117.pdf 1.33 MB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
代数文章題立式の概念構造操作としてのタスク化と支援システムの設計開発および実践運用
Title ( eng )
System Design and Development and Practical Use of Making Tasks and Support for Formulation of Equations for Algebra Word Problems
Creator
YOSHIMURA Minoru
INUMARU Takuma
Source Title
JSiSE研究会研究報告
Volume 33
Issue 6
Start Page 117
End Page 124
Number of Pages 8
Journal Identifire
NCID AA12763719
Abstract
算数文章題を対象とした問題構造の外化支援として三角ブロックモデルの提案とそのモデルに基づいた三角ブロック構造組立演習システム(三角ブロックシステム)の開発がすでに行われており,小学校での実践的利用を通してその有効性が確認されている.しかしながら,従来の三角ブロックシステムでは,代数を用いて解く問題を取り扱っていなかった.代数の文章題指導においては,わからない数をxとおいて考えるというような手続き的な指導よりも,読み替えの段階に力点を置く指導が必要とされている.そこで本研究では,代数文章題における立式支援を目標に三角ブロックシステムを代数文章題への適用を行い,中学校での実践的利用を行った行った.そこから得られた課題より「中間数量推定演習」と「式の組み換え演習」といった演習の設計・開発を行った.またこれらを加えたシステムも中学校での実践的利用を行い,その結果について分析したので報告する.
Keywords
代数文章題
三角ブロックモデル
方程式立式支援
中間数量概念
式の組み換え
Language
jpn
Resource Type journal article
Publisher
教育システム情報学会
Date of Issued 2019-03
Rights
Copyright © 2019 教育システム情報学会
Publish Type Version of Record
Access Rights open access