広島県産カブトガニに関する生物学的記録 : 成体の表在生物2種および野鳥に捕食されたと考えられる幼体死骸

アクセス数 : 1090
ダウンロード数 : 119

今月のアクセス数 : 12
今月のダウンロード数 : 3
File
HU-FSC_16_1.pdf 257 KB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
広島県産カブトガニに関する生物学的記録 : 成体の表在生物2種および野鳥に捕食されたと考えられる幼体死骸
Title ( eng )
Biological notes on Tachypleus tridentatus (Leach, 1819) in Hiroshima Prefecture, Japan: two species of epibiotic organisms found on adults, and the carcass of a juvenile presumably eaten by a bird
Creator
Kondo Yusuke
Hirano Katsushi
Kashimoto Ken-ichiro
Iida Ken
Yonetani Mari
Fuji Taiki
Source Title
広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告
Bulletin of Setouchi Field Science Center Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University
Issue 16
Start Page 1
End Page 5
Abstract
2016年8月5日に広島県竹原市ハチ干潟で発見されたカブトガニ成体に,表在生物のカブトガニウズムシおよびカニエラエボシが確認された.また,2017年9月20日には野鳥に捕食されたと考えられるカブトガニ幼体の死骸が発見された.
On August 5, 2016, two epibiotic species, the turbellarian Ectoplana limuli (Ijima & Kaburaki, 1916) and the goose barnacles Octolasmis neptuni (MacDonald, 1869), were found on two adults of the Japanese horseshoe crab Tachypleus tridentatus (Leach, 1819) in Hiroshima Prefecture. On September 20, 2017, the carcass of a juvenile horseshoe crab was found, which had presumably been eaten by a bird.
Keywords
広島県
カニエラエボシ
カブトガニ
カブトガニウズムシ
死骸
Ectoplana limuli
Carcass
Hiroshima Prefecture
Octolasmis neptuni
Tachypleus tridentatus
Descriptions
本研究の一部は公益財団法人福武財団「瀬戸内海文化研究・活動支援助成」によって行われたことを明記する.
NDC
Zoology [ 480 ]
Language
jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Publisher
広島大学大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター
Date of Issued 2018
Publish Type Author’s Original
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 2189-9436
[ISSN] 2432-8448
[NCID] AA11945674