問題解決演習を対象とした学習ゲーム作成法

電子情報通信学会論文誌 D Volume J91-D Issue 2 Page 293-302 published_at 2008-02-01
アクセス数 : 692
ダウンロード数 : 79

今月のアクセス数 : 2
今月のダウンロード数 : 2
File
DenshiJoho_j91-d_2_293.pdf 295 KB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
問題解決演習を対象とした学習ゲーム作成法
Title ( eng )
Methodology of Designing Learning Games for Problem Solving
Creator
Umetsu Takanobu
Kakiya Yoshinori
Takeuchi Akira
Source Title
電子情報通信学会論文誌 D
Volume J91-D
Issue 2
Start Page 293
End Page 302
Abstract
学習への動機付けを高める一つの方法として学習ゲームが注目されているが,その作成法についてはほとんど論じられていないのが現状である.本研究では,問題解決演習を対象とした学習ゲームの作成法として問題組込み法を提案する.これは,記憶学習を対象とした学習ゲームを作成するプロパティ交換法を拡張したものである.プロパティ交換法では,既存カードゲームのカードと記憶したい概念を交換することによって学習ゲームを作成するが,問題組込み法では,既存カードゲームのカードと問題を交換することによって学習ゲームを作成する.問題組込み法では,この交換の際,問題と解答の関係をより詳細に考慮しなければならない.本論文では,問題組込み法の基本的な手順の説明に加え,問題と解答の組合せ方についてより詳細に述べる.また,その応用例として,問題解決演習を対象とした学習ゲームを自動生成するシステムについても報告する.
Keywords
学習ゲーム
問題組込み法
オーサリング
ILE
e-learning
NDC
Education [ 370 ]
Language
jpn
Resource Type journal article
Publisher
電子情報通信学会
Date of Issued 2008-02-01
Rights
Copyright (c) 2008 IEICE
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 1880-4535
[ISSN] 1881-0225
[NCID] AA12099634
[URI] http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j91-d_2_293&category=D&lang=J&year=2008
[URI] http://search.ieice.org/