「話し合い」活動を通して課題解決力を高める指導法の研究 : 話し合うことの良さを実感する場をめざして

中学教育 : 研究紀要 Volume 47 Page 9-14 published_at 2016-03-18
アクセス数 : 1884
ダウンロード数 : 536

今月のアクセス数 : 8
今月のダウンロード数 : 4
File
JourJrhighEdu_47_9.pdf 246 KB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
「話し合い」活動を通して課題解決力を高める指導法の研究 : 話し合うことの良さを実感する場をめざして
Title ( eng )
Enhancing Students’ Collaborative Problem-Solving Competency through Discussion Activities : Students Experiencing the Merits of Discussion
Creator
Source Title
中学教育 : 研究紀要
JOURNAL OF JUNIOR HIGH SCHOOL EDUCATION
Volume 47
Start Page 9
End Page 14
Journal Identifire
[PISSN] 1344-1531
[EISSN] 2436-6641
[NCID] AN00307623
Abstract
本研究は,「話し合い」活動を取り入れることで,課題解決力を高めようとするものである。ここでいう「話し合い」では,特にメンバーの一人ひとりが「話す」内容を持っていることを重視し,班ごとに設定した観点について担当を決め,各自がその情報を収集する段階を「話し合い」の前に設定した。このことによって,メンバーが互いの情報を大切にしながら話し合いを進めることにつながった。その結果,学習課題を解決するために「話し合い」が重要であるという意識をもつ生徒が学習前に比べて増加する結果を得ることができた。
This study aimed to enhance students’ collaborative problem-solving competency through discussion activities. In the discussion, one of the members of a group had to present information about a topic to the others. Each participant had to present a viewpoint for discussion, which was set by the instructor. All the participants had the opportunity to obtain information about the subject beforehand. With this activity, every student had to deal with the information collected by the other group members. The result was that students were able to achieve a greater understanding of the role of discussion in solving problems or dealing with tasks.
Keywords
話し合い
課題解決力
協働的問題解決
discussion
problem solving competency
collaborative problem solving
NDC
Education [ 370 ]
Language
jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Publisher
広島大学附属東雲中学校
Date of Issued 2016-03-18
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 1344-1531
[NCID] AN00307623
Remark ページ番号は冊子体による。