数と計算・数と式 <戦後55年の算数・数学教育 : 21世紀の日本の算数・数学教育を目指して><第3部 算数・数学の目標と内容>

日本数学教育学会誌 Volume 82 Issue 7・8 Page 52-56 published_at 2000-07-01
アクセス数 : 996
ダウンロード数 : 1549

今月のアクセス数 : 6
今月のダウンロード数 : 2
File
J-JpnSoc-MathEduc_82-7_52.pdf 428 KB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
数と計算・数と式 <戦後55年の算数・数学教育 : 21世紀の日本の算数・数学教育を目指して><第3部 算数・数学の目標と内容>
Title ( eng )
Number and Calculations, Number and Algebraic Expressions
Creator
Source Title
日本数学教育学会誌
Volume 82
Issue 7・8
Start Page 52
End Page 56
Abstract
算数・数学教育における「数と計算」及び「数と式」領域の指導内容に焦点を当てて, わが国における戦後の変遷を学習指導要領の改訂に即して整理するとともに, 主な変更点について考察を行った結果, 主として次の3点が明らかになった. (1)昭和20年代の「生活単元学習」時代と昭和30年代の「系統学習」時代との間には, この領域の指導内容と指導時期についてかなりの相違がみられる. (2)昭和33年の学習指導要領に示された内容がその後の平成元年までの原型となっていたが, このたびの改訂により, 数の計算が軽減され, 小数・分数の導入と計算が1年引き下げられ, 文字式が中学校に移行統合される形になっている. (3)中学校・高等学校での不等式・方程式の取り扱いは. 今日徐々に軽減されてきている.
NDC
Education [ 370 ]
Language
jpn
Resource Type journal article
Publisher
日本数学教育学会
Date of Issued 2000-07-01
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 0021-471X
[NCID] AN00285586