広島大学学術情報リポジトリ(HiR)のコンテンツ収集戦略 : 機関リポジトリを育て続けるために

大学図書館研究 Issue 79 Page 35-42 published_at 2007-03-31
アクセス数 : 1435
ダウンロード数 : 171

今月のアクセス数 : 12
今月のダウンロード数 : 2
File
daitoken_79_35.pdf 749 KB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
広島大学学術情報リポジトリ(HiR)のコンテンツ収集戦略 : 機関リポジトリを育て続けるために
Title ( eng )
Content recruitment strategies for Hiroshima University Institutional Repository (HiR) : To be a growing IR
Creator
Source Title
大学図書館研究
Issue 79
Start Page 35
End Page 42
Abstract
広島大学では、2006年4月に機関リポジトリである広島大学学術情報リポジトリ(HiR)を立ち上げ、2006年12月6日現在で1,945件の教育研究コンテンツを公開している。本稿では、私たちが行った研究者への個別訪問による初期コンテンツの収集について、また、学内刊行物の収集やデータベースを用いた最新論文の提供依頼、機関リポジトリ活用のための工夫などによって継続的にコンテンツを収集し、機関リポジトリを育て続けていくための戦略について述べる。
Hiroshima University launched its institutional repository called Hiroshima University Institutional Repository in April 2006, and by December 6, 2006 it had made 1,945 items of scholarly research available to the public. This paper reports on the methods used to recruit content beginning with visiting individual faculty members, to requesting copies of university publications and recent articles in databases. A variety of innovations are necessary to recruit content on an ongoing basis so that the institutional repository can continue to grow and develop.
Keywords
機関リポジトリ
広島大学学術情報リポジトリ
HiR
コンテンツ収集
オープンアクセス
institutional repositories
Hiroshima University Institutional Repository
content recruitment
Open Access
NDC
Libraries [ 010 ]
Language
jpn
Resource Type journal article
Publisher
大学図書館研究編集委員会
Date of Issued 2007-03-31
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 0386-0507
[NCID] AN00136087