このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41336
本文ファイル
別タイトル
Degradation of Resorcinol by Pseudomonas putida R1
著者
太田 欽幸
小岩井 健司
NDC
生物科学・一般生物学
抄録
福山市内の土壌から集積培養法によってレゾルシンを唯一の炭素源として生育する細菌5株が分離された。その中でレゾルシンに最も良好に生育するNo.138株はPseudomonas putidaと同定された。

レゾルシン酸化活性の高い菌体は硝酸アンモニウムを窒素源とした時に得られた。本菌株のレゾルシン代謝系は誘導的であり,鉄イオン添加培地で生育した菌体は培地中のレゾルシンが消費されるとレゾルシン酸化活性は急激に減少した。しかし,鉄イオン無添加培地生育菌体はレゾルシン消費後でもその活性は保持されたが,その菌体は壊れやすかった。鉄イオン存在下でレゾルシン酸化活性の高い安定した菌体は,集菌30分前に0.05%程度のレゾルシンを再添加して集菌することにより得られた。本菌株の洗浄菌体のレゾルシン代謝系はレゾルシンと窒素源存在下で誘導された。
抄録(英)
Five bacterial strains capable of growing at the expense of resorcinol as a sole carbon source were isolated from soil by means of the enrichment culture method. Strain No. 138 with an ability to grow most abundantly on resorcinol was tentatively identified as Pseudomonas putida R1. Ammonium nitrate enhanced the production of cells with high resorcinol oxidizing activity. This activity did not decrease in the medium without addition of ferrous ion, even when the resorcinol was consumed completely. Enzymes to metabolise resorcinol in the strain were inducible. It was necessary to add 0.01-0.05% resorcinol before harvest in order to obtain a large amount of cells with high activity sufficient to oxidize the resorcinol. The resorcinol oxidizing system in the washed cells of the strain was induced in the presence of resorcinol and ammonium nitrate.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
17巻
2号
開始ページ
147
終了ページ
154
出版年月日
1978-12-25
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?