このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19972
本文ファイル
HUMR_6_1.pdf 1.49 MB
別タイトル
The history of development of organizational climate Research : The Comparison of organizational climate and culture
著者
福間 隆康
キーワード
組織風土
組織文化
NDC
経済
抄録
本稿は,組織風土と組織文化の関係性を明らかにするため,先行研究を展望したものである。本稿では,初めに組織風土研究の発展の歴史を概観し,現状の位置づけを明らかにしつつ,現在抱えている問題について考察を加えた。次に,この問題を解決する1つの改善策として,問題意識の違いによって,組織風土研究を4つに区別した。そして,組織風土研究の一般的特徴について明らかにした。最後に,本研究の位置づけを明確にしたうえで,組織風土と組織文化の相違点と類似点を明らかにした。今後は,本稿での検討を踏まえ,組織変革と関係があるのは組織風土と組織文化のうちどちらなのかという点と,組織風土という概念は組織文化と組織変革との関係において,どのように位置づけられるのかという点について検証していく必要があろう。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
6号
開始ページ
1
終了ページ
19
出版年月日
2006-03-22
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?