このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19409
本文ファイル
別タイトル
Effect of recipients' eKort factor on preschoolers' reward allocation
著者
越中 康治
キーワード
幼児
分配行動
努力要因
分配立場
公正
NDC
心理学
抄録
木研究では,幼児を対象として,貢献度の異なる2名の被分配者に対する第3者的立場からの分配行動に及ぼす被分配者の努力要因の影響を検討した。結果として,幼児は,貢献度の低い被分配者が努力をしていた場合には報酬を均等にする平等分配を行い,努力をしていなかった場合には貢献度に応じて差をつける公平分配を行うことが明らかとなった。本邦における従来の見角宇とは異なり,幼児期においても公平分配が可能であること,平等分配が幼児の能力や経験の不足によって示されるものではないことが明らかとなった。幼児は,被分配者の貢献度や努力のみならず,報酬に差をつけることによって葛藤が生じる可能性や低貢献者の情状などをも考慮した上で公正な分配を行おうとする傾向にあることが示された。
掲載誌名
広島大学心理学研究
4号
開始ページ
103
終了ページ
113
出版年月日
2005-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?