このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16227
本文ファイル
別タイトル
A Change of Composing at Schools in England (II)
著者
高須 一
キーワード
作曲領域
学校音楽
英国
GCSE
ナショナル・カリキュラム
Composing
School Music
England
GCSE
Natinal Curriculum
NDC
音楽
抄録(英)
In the previous paper, I illustrated changes that had occurred in music composition activities in British compulsory music education after World War II. More specifically, J. Paynter and his colleagues' publication (1970), "Sound and Silence," diversified people's views towards what music composition was, and subsequently, led to attitudinal changes in teachers and policy makers towards how music composition should be included in music classrooms. In the present paper, the nature of these changes are further examined by means of governmental documents and policies, i.e., GCSE Examination and National Curriculum.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
51号
開始ページ
501
終了ページ
507
出版年月日
2003-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1346-5554
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?