このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14886
本文ファイル
別タイトル
Edmund Burke's parallel of poetry and painting and the background of his aesthetics ; From an analysis of A Philosphical Enquiry
著者
NDC
芸術
抄録(英)
The purpus of this paper is two:One is to reveal Burke's aesthetics based upon the double character of both 'imagination' and 'imitation', giving attention to his parallel of poetry and painting. The other is to point out that 'obscurity' and 'terror' are the prime and coherent ideas closely related to the Sublime, resulting in his view of the superiority of poetry to paining. I will demonstrate the true image of young Burke in A Philosphical Enquiry (1757)
掲載誌名
イギリス哲学研究
21巻
開始ページ
21
終了ページ
35
出版年月日
1998
出版者
日本イギリス哲学会
ISSN
0387-7450
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1998 by Author
部局名
総合科学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?