教育機会と学生への経済的支援制度に関する実証研究 : 効果検証と課題

高等教育研究叢書 Volume 172 published_at 2024-03-31
アクセス数 : 112
ダウンロード数 : 27

今月のアクセス数 : 47
今月のダウンロード数 : 9
File
RIHE172.pdf 3.41 MB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
教育機会と学生への経済的支援制度に関する実証研究 : 効果検証と課題
Title ( eng )
Empirical Study on the Effects of Student Financial Aid
Creator
KOBAYASHI Masayuki
王 杰(傑)
日下田 岳史
朴澤 泰男
藤森 宏明
谷田川 ルミ
王 帥
濱中 義隆
田村 恵美
白川 優治
Source Title
高等教育研究叢書
Reviews in higher education
Volume 172
Journal Identifire
[NCID] AN10185602
Abstract
Since 2007, our team, comprising approximately 20 researchers, has been dedicated to the exploration of student financial aid systems. This collaborative effort has been made possible through Grants for Scientific Research from the Japan Society for the Promotion of Science and a project commissioned by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology. Over the years, our joint research has continued to evolve.
The primary focus of our study group lies in the comprehensive analysis of Japan's student aid system and a comparative study of student aid structures across different nations. Given the space constraints, these papers in Reviews in Higher Education focuses on recent research findings on Japan's student support system.
The included papers span a diverse range of themes, broadly categorized into the following five sections. The first theme addresses trends in student aid systems and governmental policies. The second theme explores the complex relationship between access to higher-level education of junior high and high school students and the corresponding financial support systems. The third theme involves an analysis of the interplay between student life and student financial aid. The fourth theme scrutinizes the perceptions of parents of junior high and high school students regarding student support and the associated financial burden. Finally, the fifth theme provides insights into how the media shapes its narrative around student support systems.
In this compilation, the papers collectively offer a multifaceted perspective on the student financial aid system, underscoring the expanding scope of our research. As the principal of the research group, it brings me unexpected joy to share some of the research group's achievements from the past 18 years with researchers and stakeholders in higher education.
Descriptions
はしがき 小林 雅之(桜美林大学)…i
第1章 学生支援制度の現状と課題
—所得連動返還型奨学金制度と修学支援新制度— 小林 雅之(桜美林大学)…1
第2章 地方中核市における中学3年生の大学進学希望
—ジェンダー差に注目して— 王 杰(傑)(慶應義塾大学)…9
第3章 高2進級時の文系・理系コース選択の規定要因 日下田 岳史(大正大学)…19
第4章 高校生の高等教育進学時の奨学金利用
—世帯年収と学業成績による差異に着目して— 朴澤 泰男(国立教育政策研究所)…29
第5章 国立大学進学者と家計
—2020年度高卒者保護者調査より— 吉田 香奈(広島大学)…39
第6章 大学における新制度・コロナ禍による学費援助受給者層の変容
—JASSO『学生生活調査』のH30年度とR2年度の比較を基に— 藤森 宏明(北海道教育大学)…49
第7章 専門学校生に対する経済的支援制度の効果に関する一考察
—ヒアリング調査の結果から— 谷田川 ルミ(芝浦工業大学)…59
第8章 保護者の経済的支援制度の認知に関する考察 王 帥(東京大学)…69
第9章 保護者の教育期待と子どもの習い事・家族体験
—中学3年生保護者調査の分析より— 濱中 義降(国立教育政策研究所)…81
第10章 中高生向けの金融経済教育教材における奨学金の取り扱いに関する分析 田村 恵美(東京家政大学)…89
第11章 大学の学費・奨学金制度に対するメディア言説の分析
—過去30年の全国紙5紙の社説を用いた検証— 白川 優治(千葉大学)…97
あとがき 小林 雅之(桜美林大学)…111
Language
jpn
Resource Type book
Publisher
広島大学高等教育研究開発センター
Research Institute for Higher Education, Hiroshima University
Date of Issued 2024-03-31
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISBN] 978-4-86637-047-7
助成機関名
日本学術振興会
Japan Society for the Promotion of Science
助成機関識別子
研究課題名
教育費負担と進路選択における学生支援の在り方に関する調査研究
教育費負担と進路選択における学生支援の在り方に関する調査研究
研究課題番号
15H03483
助成機関名
日本学術振興会
Japan Society for the Promotion of Science
助成機関識別子
研究課題名
学生への経済的支援の効果検証に関する実証研究
学生への経済的支援の効果検証に関する実証研究
研究課題番号
19H01686