Problems with Audio Recordings for Elementary School English Textbooks in Japan

広島外国語教育研究 Issue 27 Page 77-100 published_at 2024-03-01
アクセス数 : 164
ダウンロード数 : 90

今月のアクセス数 : 20
今月のダウンロード数 : 6
File
h-gaikokugokenkyu_27_77.pdf 933 KB 種類 : fulltext
Title ( eng )
Problems with Audio Recordings for Elementary School English Textbooks in Japan
Title ( jpn )
日本の小学校英語教科書付属の音声教材に関する諸問題
Creator
YUZAWA Nobuo
Source Title
広島外国語教育研究
Hiroshima Studies in Language and Language Education
Issue 27
Start Page 77
End Page 100
Number of Pages 24
Journal Identifire
[PISSN] 1347-0892
[NCID] AA11424332
Abstract
This study discusses issues with audio recordings attached to English textbooks for Japanese elementary school students. Out of seven sets of textbooks, approved by the MEXT (the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology), the one published by the Tokyo Shoseki Publishing Company, New Horizon Elementary English Course 5 and 6, was selected because these textbooks are the most extensively used in Japan and their impact on English teaching in Japan is considered high. Four CDs accompany the textbook for 5th graders, and three accompany the textbook for 6th graders. In the study, an L1 English speaker identified unnatural-sounding utterances, which were then acoustically analysed to understand why they sound unnatural.
Three problems with the recordings were found. Firstly, the speech rate is excessively slow, leading to unnatural pauses. Secondly, errors in tonicity are identified. Thirdly, the reading style is overly animated and dramatised, which is inappropriate for 5th and 6th graders.
The present study emphasises the critical role of audio materials for English learners, especially beginners. Recommendations include careful preparation by textbook writers and narrators, attentive monitoring during recording, and increased involvement of MEXT textbook inspectors to ensure recording quality. In conclusion, the authors suggest that the process of materials production and review be tightened and that comparative analyses with other countries be taken to improve the appropriateness of model recordings.
本研究では日本の小学校英語教科書に付属されている音声教材に関する諸問題を考える。7種類の文部科学省検定済教科書のうち,日本で最も多く使用され,日本の英語教育への影響が大きいと考えられる点から,東京書籍が出版する『New Horizon Elementary English Course 5・6 』を使用した。付属のCD は,5年生用の教科書には4枚,6年生用には3枚用意されている。本研究では,まず,英語母語話者に不自然に聞こえる発話を特定してもらい,次に,その発話がなぜ不自然に聞こえるのかを音響的に分析した。
結果として3つの問題点が見つかった。第1に,発話速度が非常に遅く,不自然なポーズが生じている点である。第2に,音調核の位置に誤りがある点である。第3に,過度にドラマチックな読み方は,小学5・6年生には不適当である点である。
英語学習者,特に初級者に対し,音声教材は重要な役割を果たしている。現状の改善には,教科書執筆者とナレーターが入念に準備を行うこと,録音時には注意深くモニタリングすること,録音の品質管理のために文部科学省教科書調査官の関与を強化することが考えられる。制度全体の見直しが必要であり,モデルの妥当性の向上を目的とした諸外国との比較分析も重要である。
Language
eng
Resource Type departmental bulletin paper
Publisher
広島大学外国語教育研究センター
Institute for Foreign Language Research and Education, Hiroshima University
Date of Issued 2024-03-01
Rights
Copyright (c) 2024 広島大学外国語教育研究センター
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
助成機関名
日本学術振興会
Japan Society for the Promotion of Science
助成機関識別子
[Crossref Funder] https://doi.org/10.13039/501100001691
研究課題名
小学校英語教育におけるイントネーションの教育方法と教育効果に関する研究
小学校英語教育におけるイントネーションの教育方法と教育効果に関する研究
研究課題番号
21K00672