Las alternancias de turno impropias en la conversación en español como lengua extranjera de aprendientes japoneses

広島外国語教育研究 Issue 26 Page 105-121 published_at 2023-03-01
アクセス数 : 205
ダウンロード数 : 78

今月のアクセス数 : 9
今月のダウンロード数 : 4
File
h-gaikokugokenkyu_26_105.pdf 357 KB 種類 : fulltext
Title ( spa )
Las alternancias de turno impropias en la conversación en español como lengua extranjera de aprendientes japoneses
Title
日本人SFL学習者によるスペイン語会話における逸脱したターンテイキング
Creator
Source Title
広島外国語教育研究
Hiroshima Studies in Language and Language Education
Issue 26
Start Page 105
End Page 121
Journal Identifire
[PISSN] 1347-0892
[NCID] AA11424332
Abstract
第二言語習得分野では,外国語(L2)学習者が,より精緻で多様な実践を伴いながらどのように相互作用を組織化するかという観点で,相互作用能力の発達を特徴づけようとする研究が増加している(Pekarek Doehler, 2019)。さらに,相互作用言語学では,ある言語の特性が,その言語での会話のあり方に影響を与える可能性があると仮定している(Couper-Kuhlen & Selting, 2018)。これまで,外国語としてのスペイン語(ELE)を学ぶ日本人学習者がスペイン語でどのように日常会話を行うのか,あまり知られていない。本稿では,日本人ELE 学習者間の会話から,相互作用を組織化するための中心的なシステムであるターンテイキングの実践例を定性的に分析する。その際,学習者が逸脱したターンテイキングを用いて行う,より複雑な社会的行動に注目し,Cestero Mancera( 2000a, 2005)がネイティブスピーカーによるスペイン語の会話に対して提案したターンテイキング慣行の分類に従って分析する。本稿では,ELE の日本人学習者がL2で会話を続ける際に,相手の進行中のターンが完了する前に会話のターンを開始する,適切な場所で相手の進行中のターンの内容についてコメントしたり尋ねたりする,相手のターンを協調的に完了する,シーケンスの進行を中断する,同時ターン開始などの不測の事態を管理する,などの行動を行う例を示して議論する。この分析で採用された分類は,その後の定量的研究が可能になることを示唆している。
In the Second Language Acquisition field, there is a growing body of research that aims to characterize the interactional competence development of foreign language (L2) learners in terms of how they increasingly organize their interaction with more precision and with a wider variety of practices (Pekarek Doehler, 2019). In addition, Interactional Linguistics assumes that the characteristics of a certain language may affect how interaction is held in that language (Couper-Kuhlen & Selting, 2018). To date, little is known about how Japanese students of Spanish as a Foreign Language (ELE) conduct everyday conversation in the L2. In the present study, I analyze turn-taking practices, a central system for organizing oral interaction, in dyadic conversations between Japanese learners of ELE. I focus on the more complex social actions participants perform using deviant turn-taking practices. The analysis is guided by a classification of turn-taking practices proposed by Cestero Mancera (2000a, 2005) for conversations held in Spanish by native speakers. In the core of the article, I present and discuss examples of how Japanese learners of ELE, when maintaining a conversation in the L2, perform actions such as starting the conversational turn before the other speaker’s ongoing turn reaches a possible completion, commenting on and asking about the content of the other speaker’s ongoing turn at relevant places, completing the other speaker’s turns cooperatively, interrupting the course of the sequences, and managing contingencies such as simultaneous turn beginnings. These findings support the use of Cestero Mancera’s categories in future research.
Language
spa
Resource Type departmental bulletin paper
Publisher
広島大学外国語教育研究センター
Date of Issued 2023-03-01
Rights
Copyright (c) 2023 広島大学外国語教育研究センター
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 1347-0892
[NCID] AA11424332