Investigating the English Language Needs of Hospital Medical Teams

広島外国語教育研究 Issue 26 Page 17-30 published_at 2023-03-01
アクセス数 : 181
ダウンロード数 : 63

今月のアクセス数 : 13
今月のダウンロード数 : 3
File
h-gaikokugokenkyu_26_17.pdf 483 KB 種類 : fulltext
Title ( eng )
Investigating the English Language Needs of Hospital Medical Teams
Title ( jpn )
病院医療チームの英語ニーズに関する調査
Creator
Source Title
広島外国語教育研究
Hiroshima Studies in Language and Language Education
Issue 26
Start Page 17
End Page 30
Journal Identifire
[PISSN] 1347-0892
[NCID] AA11424332
Abstract
本論文は,日本の病院において英語でコミュニケーションを行う専門スタッフ用の教材開発研究プロジェクトに関して,その予備調査および教材設計を報告するものである。主な目的は,教育学におけるタスクによって支援される英語動画を作成し,配信を行うことである。本研究は,病院内の技術的リソースとチームの英語に対するニーズに焦点を当てながら,状況・リソース・ニーズ(SiReN)分析(a situation, resource and needs( SiReN))を用いている。
状況:コミュニケーションの主要言語が英語である病院と,リンガ・フランカとして英語を使用する日本の病院との英語使用の違いを考察する。
リソース:研究チームは病院内を持ち運ぶことが可能なレコーディング・スタジオ(a mobile recording studio)を作成した。それは高音質で高画質なレコーディング(recording)が可能となるように設計されており,スクリプトを読むことを支援する簡単なテレプロンプターも備えている。さらに,スタッフが利用する学習管理システム上でどのように教材を構成するかについても十分に考慮されている。
ニーズ:英語のコミュニケーション・ニーズを調査するために,病院の2 つの診察科(消化器科と神経外科)において,ポリペクトミー(結腸の小さな腫瘍の切除)と,脳動脈瘤(脳の血管壁にできた風船状の欠陥)のクリッピングという2 つの治療法の説明を行った。分析の結果,いくつかの診察科を調査することで,次の3 つの示唆が得られた。(1)入院患者のケアやスキャニングなど,病院の共有エリアにおける様々なコミュニケーション・ニーズを含めることが可能となる。(2)プロセスや手順を説明する動画と逐語的な指示を示す動画の2 種類を作成できる。(3)病院における患者向けの書類を収集・翻訳し,それを基に動画のスクリプトを作成できる。
This paper describes the preliminary research and equipment design for a project to develop materials that aid professional staff to communicate in English at a Japanese hospital. A key aim is to make and organize videos in English supported by pedagogic tasks. In the paper, a situation, resource, and needs (SiReN) analysis is used, with a focus on technological resources and the English language needs of teams in hospitals.
In terms of the situation under study, the authors discuss the difference between the use of English in hospitals where the primary language of communication is English in contrast to hospitals in Japan, in which English is used as a Lingua Franca.
Regarding resources, the research team has built a mobile recording studio which can be used both in or near a hospital. It has been designed for high-quality audio and video recording, and it includes a simple teleprompter to aid in the reading of scripts. In addition, consideration is given to how materials can be organized on a learning management system that can be made available to staff.
In relation to needs, two hospital departments, gastroenterology and neurosurgery, are used to examine some of their communicative needs in English, and two treatments are described: polypectomy (the removal of small tumors from the colon) and the clipping of a cerebral aneurysm (a balloon-like weakness in the wall of a blood vessel in the brain). In the analysis that follows, several implications emerge: By researching a small number of departments, a variety of communicative needs in shared hospital areas can be included, such as in-patient care and scanning; two types of videos can be made, with one type describing processes and procedures, and the other providing verbatim instructions; hospital documents for patients can be collected and translated, then used as the basis for video scripts.
Language
eng
Resource Type departmental bulletin paper
Publisher
広島大学外国語教育研究センター
Date of Issued 2023-03-01
Rights
Copyright (c) 2023 広島大学外国語教育研究センター
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 1347-0892
[NCID] AA11424332