豊潮丸航海で得られた西日本沿岸のウミホタル目貝形虫類(甲殻類)の出現報告と属検索図 <資料>

広島大学総合博物館研究報告 Issue 7 Page 75-87 published_at 2015-12-25
アクセス数 : 1471
ダウンロード数 : 361

今月のアクセス数 : 23
今月のダウンロード数 : 8
File
BullHiroshimaUnivMuseum_7_75.pdf 1.54 MB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
豊潮丸航海で得られた西日本沿岸のウミホタル目貝形虫類(甲殻類)の出現報告と属検索図 <資料>
Title ( eng )
An illustrated guide to the genera of Myodocopida (Ostracoda: Crustacea) collected from western Japan during the cruise of TRV Toyoshiomaru <Data>
Creator
Tanaka Hayato
Source Title
広島大学総合博物館研究報告
Bulletin of the Hiroshima University Museum
Issue 7
Start Page 75
End Page 87
Journal Identifire
[PISSN] 1884-4243
[EISSN] 1884-3999
[NCID] AA12459864
Abstract
広島大学生物生産学部附属練習船「豊潮丸」によって実施された3航海16定点(日本海南部海域,9定点;有明海,1定点;瀬戸内海,6定点)で得られたウミホタル目貝形虫類について報告する。今回の航海で,27種の未記載種と北西太平洋初記録1属1種を含む4科16属36種が採集された。未記載種を数多く含むことから,日本近海におけるウミホタル目の分類学的研究は未だ不十分であるといえる。今後の本目の分類学的研究を促進するため,得られた標本の形態観察結果をもとに属レベルの検索図を提示する。
During three cruises of TRV Toyoshiomaru, 4 families, 16 genera, and 36 species of Myodocopida (Ostracoda) were collected from the southern part of the Sea of Japan, Ariake Sea, and Seto Inland Sea. Because most (27/36) species are undescribed, current taxonomic studies are insufficient for these myodocopids. This paper supplies an illustrated guide to the genera of Myodocopida obtained on these cruises. This contribution is expected to lead to improved taxonomic knowledge of Myodocopida.
Keywords
ウミホタル類
日本海南部
有明海
瀬戸内海
Myodocopida
southern part of the Sea of Japan
Ariake Sea
Seto Inland Sea
Descriptions
本研究の一部は日本学術振興会科学研究費補助金(特別研究員奨励費,No. 263700,田中隼人)により行われたものである。
NDC
Zoology [ 480 ]
Language
jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Publisher
広島大学総合博物館
Date of Issued 2015-12-25
Rights
Copyright (c) 2015 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 1884-4243
[NCID] AA12459864