「新学習指導要領のもとでの授業研究」 : 自ら思考し課題を解決する砲丸投げ

学部・附属学校共同研究紀要 Issue 40 Page 189-194 published_at 2012-03-26
アクセス数 : 1593
ダウンロード数 : 777

今月のアクセス数 : 3
今月のダウンロード数 : 2
File
AnnEducRes_40_189.pdf 3.25 MB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
「新学習指導要領のもとでの授業研究」 : 自ら思考し課題を解決する砲丸投げ
Title ( eng )
A practical study to Shot-Putting based on the new course of study : Improving an ability to solve problems
Creator
Miyauchi Ayaka
Nishimura Masato
Source Title
学部・附属学校共同研究紀要
THE ANNALS OF EDUCATIONAL RESEARCH
Issue 40
Start Page 189
End Page 194
Journal Identifire
[PISSN] 1346-5104
[EISSN] 2435-9041
[NCID] AA11551679
Abstract
本研究は,新学習指導要領の軸となる基礎的・基本的な知識・技能の習得とともに,生徒が学習意欲を高め,思考・判断・表現する力を育み,生涯にわたって運動に親しむきっかけとなるような砲丸投げの授業のあり方を探るものである。

今回の授業では,遠くに投げることをテーマに,物体が飛ぶときの力学的視点(投射高・投射角度・投射速度)に触れ,重さや形状の違うものを投げながら,「投動作」の技術ポイントや効果的な身体の使い方を探らせた。また,この「投動作」の技術をベースに,砲丸投げの技術や身体の使い方を,自分や友だちの身体を通して思考し,互いにアドバイスして課題を解決することができるようにした。その際,過去3年分の高2女子のスポーツテスト8項目のうち,砲丸投げの記録と相関の高い50m走とハンドボール投げの記録から数式を求め,個々の目標記録を割り出し,各自が目標を持って取り組めるようにした。その結果,生徒は,砲丸投げに意欲的に取り組み,「投動作」から砲丸投げの技術やつながりについて思考を深め,記録を向上させることができた。
NDC
Education [ 370 ]
Language
jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Publisher
広島大学学部・附属学校共同研究機構
Date of Issued 2012-03-26
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 1346-5104
[NCID] AA11551679