大学キャンパスを利用した特別支援学級在籍生徒のキャリア教育の実証的研究 : 職業体験実習,就業をめざしたキャリア教育の在り方

学部・附属学校共同研究紀要 Issue 38 Page 47-53 published_at 2010-03-31
アクセス数 : 1750
ダウンロード数 : 325

今月のアクセス数 : 9
今月のダウンロード数 : 2
File
AnnEducRes_38_47.pdf 1.61 MB 種類 : fulltext
Title ( jpn )
大学キャンパスを利用した特別支援学級在籍生徒のキャリア教育の実証的研究 : 職業体験実習,就業をめざしたキャリア教育の在り方
Title ( eng )
"Career Education Using University On-Campus Facilities: An Empirical Study for Middle School Students in the Special Needs Class"
Creator
Ochiai Toshiro
Funatsu Morihisa
Kifune Noriyuki
Kobayashi Hideyuki
Shimamoto Yasushi
Okuno Masatsugu
Matsuura Yuki
Oniki Tomoko
Source Title
学部・附属学校共同研究紀要
THE ANNALS OF EDUCATIONAL RESEARCH
Issue 38
Start Page 47
End Page 53
Journal Identifire
[PISSN] 1346-5104
[EISSN] 2435-9041
[NCID] AA11551679
Abstract
近年, 雇用情勢が悪化している。障害のある人々の解雇率も非常に高くなった。このような情勢に対応するため, 障害のある子どもについては, 就職のための準備を前期中等教育におけるキャリア教育の中でも実施する必要があると考えた。広島大学の「障がい者雇用推進室」の仕組みを説明し, 広島大学の法定雇用率の達成に向け, 附属東雲中学校特別支援学級の生徒によるキャリア教育の必要性を述べ, 大学キャンパスでキャリア教育を実施する意義を説明した。そして, 所属する大学を知るための事前授業, 大学見学, 大学キャンパスでのキャリア教育(職業体験実習)を行った。実習は図書館業務(広島大学中央図書館でのタルトテープ貼りと本の乱れ直し), 清掃業務(教育学部棟の廊下・階段の清掃, 自転車置き場の整理, ゴミ収集それに廃紙の分別)であった。生徒の実習の様子をジョブコーチ(職業適応援助者)が評価し, 職業適応という観点からの意見を特別支援学級の授業の中に取り入れた。大学でのキャリア教育によって, 生徒の職業観や就労意識の高まりがみられた。更に後期中等教育や「障がい者雇用推進室」との連携, 大学への雇用の可能性についても考察した。
NDC
Education [ 370 ]
Language
jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Publisher
広島大学学部・附属学校共同研究機構
Date of Issued 2010-03-31
Publish Type Version of Record
Access Rights open access
Source Identifier
[ISSN] 1346-5104
[NCID] AA11551679