時間と空間の分離を超える意識 : 臨死体験に関する一考察

アクセス数 : 1667
ダウンロード数 : 707

今月のアクセス数 : 29
今月のダウンロード数 : 7
ファイル情報(添付)
ningen12_saito.pdf 49.3 KB 種類 : 全文
タイトル ( jpn )
時間と空間の分離を超える意識 : 臨死体験に関する一考察
タイトル ( eng )
Consciousness beyond Time and Space
作成者
斉藤 忠資
収録物名
広島大学総合科学部紀要. III, 人間文化研究
Bulletin of the Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University. III, Studies in culture and the humanities
12
開始ページ 1
終了ページ 15
抄録
通常の物質世界では、我々は時間と空間によって制約されている。時間は過去・現在・未来に分離され、我々は過去と未来に行くことは出来ない。また空間は距離によって分離されているので、ここにいると同時に別の場所にいることは出来ない。しかし、量子の世界には時間と空間による分離が存在しないことが現代物理学によって確証されている。一方臨死体験でも、この世界の時間と空間の制約から解放された自由な世界を垣間見たという体験例が報告されている。そこで時間と空間の分離を超える意識という視点から、両者の関連を考察してみたい。
NDC分類
哲学 [ 100 ]
言語
日本語
資源タイプ 紀要論文
出版者
広島大学総合科学部
発行日 2003
出版タイプ Version of Record(出版社版。早期公開を含む)
アクセス権 オープンアクセス
収録物識別子
[ISSN] 0918-7782
[NCID] AN10420735