このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17719
本文ファイル
別タイトル
A Study on Students' Shosha in Consciousness of the Aim : Placing Transcription in Japanese Learning by Making the Most of Events
著者
礒野 美佳
岡本 恵子
NDC
教育
抄録
書写が、国語科の[言語事項]において、文字を、正しく整えて、読みやすく、早く書くことを目指して行う分野であることは、言うまでもない。しかし、新学習指導要領の実施に伴い、国語科の配当時間が削減された。同時に、書写の配当時間も削減せざるをえなかった。限られた時間の中で、新学習指導要領が掲げる「生きる力」をいかに育成するかが、本校においても課題であると考えた。本稿は、中一学年での実践報告である。本校当該学年における書写は、三学期のみ週一時間実施されている。小学校で培われた書写力を伸ばすためにも、一学期より国語学習の中に書写を織り込むこととした。一年間を通じて、文字を書くことを意識させ、目的や必要に応じて、文字を正しく整えて速く書く能力を身に付けさせ、生活に役立てる態度を育てる。これらをめざして、意図的計画的に進めていこうと考えた。具体的な活動としては、「漢字ポスターのタイトル字を書く」「招待状を書く」「故事成語を書き、額に飾る」が挙げられる。いずれも、読んでもらう、観てもらうという相手意識を持たせての活動である。結果、生徒たちは意欲・関心を持って学習に取り組んでいた。その姿は、「書く」という書写の授業はもちろんのこと、その前段階の「国語」における調べ学習、まとめ学習においても見られた。本実践を通じて、相手意識を持たせられる教材選定や指導事項の精選をし、実践的な学習内容を設定することが大切であることを、改めて感じた。同時に、限られた時間数の中でも実りある書写学習・国語学習が可能であるとの手ごたえを得た。
掲載誌名
研究紀要 /広島大学附属中・高等学校
50号
開始ページ
54
終了ページ
45
出版年月日
2004-03-01
出版者
広島大学附属中・高等学校
国立情報学研究所
ISSN
1344-4441
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
他の一覧