このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31778
本文ファイル
著者
清木 徹
NDC
地球科学・地学・地質学
目次
目次
第1章 緒論 / p1
第2章 広島湾における底泥中の環境因子の分布特性 / p3
 2-1節 緒言 / p3
 2-2節 大竹沿岸域の底質汚染 / p4
 2-3節 泥温及び酸化還元電位の季節変化 / p31
 2-4節 底泥中の有機物、宋養塩類の垂直分布及び季節変化 / p43
 2-5節 底泥及び間隙水における窒素、リンの分布特性 / p69
 2-6節 結語 / p95
第3章 湾内における懸濁物質の水中での分解及び沈降特性 / p97
 3-1節 緒言 / p97
 3-2節 水中懸濁物の沈降過程での分解特性 / p98
 3-3節 セディメント・トラップ捕集物から推定した水中懸濁物の沈降フラックス / p125
 3-4節 結語 / p145
第4章 底泥中での有機物の代謝分解と栄養塩の溶出 / p147
 4-1節 緒言 / p147
 4-2節 底泥による酸素消費(SOD) / p149
 4-3節 湾沿岸域における底泥の代謝分解に伴う栄養塩類の再生 / p175
 4-4節 結語 / p202
第5章 総括 / p205
謝辞 / p209
論文リスト / p210
参考論文 / p211
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
関連情報(references)
・大竹沿岸域の有機排水による底質汚染. 清木徹, 中井美代子, 伊達悦二 他. 用水と廃水, 20, 168-187 (1978).
・広島湾の底泥をめぐる物質の代謝及びその動態的挙動(第3報) : 泥温及び酸化還元電位の季節変化. 清木徹, 井沢博文. 広島県環境センター研究報告, 7, 69-74 (1985).
・広島湾の底泥をめぐる物質の代謝及び動態的挙動(第1報) : 底泥中の有機物、栄養塩の垂直分布及び季節変化について. 清木徹, 井沢博文. 広島県環境センター研究報告, 3, 7-18 (1982)
・広島湾の底泥及び間隙水における窒素、リンの分布特性. 清木徹, 井沢博文, 伊達悦二. 用水と廃水, 32, 377-385 (1990).
・Decomposition characteristics of particulate organic matter in Hiroshima Bay. T. Seiki, H. Izawa, E. Date. Estuarine, Coastal and Shelf Science. 掲載中
・広島湾におけるセディメント・トラップ捕集物から推定した水中懸濁物の沈降フラックス. 清木徹, 井沢博文, 伊達悦二. 水質汚濁研究, 8, 304-303 (1985).
・Sediment oxygen demand in Hiroshima Bay. T. Seiki, H. Izawa, E. Date. Estuarine, Coastal and Shelf Science. 掲載中
・Benthic nutrient remineralization and oxygen consumption in the coastal area in Hiroshima Bay. T. Seiki, H. Izawa, E. Date. Water Research, 23, 219-228 (1989).
関連情報URL(references)
http://dx.doi.org/10.1007/BF02310036
http://dx.doi.org/10.2965/jswe1978.8.304
http://dx.doi.org/10.1016/0043-1354(94)90276-3
http://dx.doi.org/10.1016/0043-1354(89)90046-8
学位記番号
乙第2138号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(工学)
学位名の英名
Engineering
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1991-03-15
部局名
工学研究科