このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31914
本文ファイル
著者
板垣 吉晃
NDC
化学
目次
目次 / p1
第一章 序論 / p1
 1.1 緒言 / p1
 1.2 研究の背景 / p1
 1.3 研究の目的と内容 / p2
 1.4 ラジカル研究におけるESR法の有用性 / p4
 1.5 低温放射線法によるイオンラジカル種の生成 / p4
 1.6 分子軌道計算によるスピン密度の評価 / p5
 参考文献 / p8
第二章 アセチレンアニオンラジカル-ビニリデンアニオンラジカル光異性化反応 / p9
 2.1 はじめに / p9
 2.2 実験 / p11
 2.3 分子軌道計算 / p11
 2.4 実験および計算結果 / p12
 2.5 まとめ / p27
 参考文献 / p28
第三章 メチルアセチレンアニオンラジカルの電子構造 / p29
 3.1 はじめに / p29
 3.2 実験 / p29
 3.3 分子軌道計算 / p30
 3.4 実験結果 / p31
 3.5 分子軌道計算 / p33
 3.6 考察 / p40
 3.7 まとめ / p44
 参考文献 / p45
第四章 フッ素置換ベンゼンカチオンラジカルのESRと電子構造 / p47
 4.1 はじめに / p47
 4.2 実験 / p47
 4.3 分子軌道計算 / p50
 4.4 結果と考察 / p50
 4.5 分子軌道計算による構造最適化とスピン密度分布の評価 / p60
 4.6 まとめ / p69
 参考文献 / p70
第五章 フッ素置換アルケンカチオンラジカルのESRと電子構造 / p73
 5.1 はじめに / p73
 5.2 実験 / p73
 5.3 分子軌道計算 / p74
 5.4 実験結果 / p74
 5.5 分子軌道法による電子構造の評価 / p86
 5.6 考察 / p91
 5.7 まとめ / p93
 参考文献 / p94
第六章 被照射Ag⁺交換A型ゼオライト中におけるAg⁺の挙動とAg-NH₃複合体のキャラクタリゼーション / p97
 6.1 はじめに / p97
 6.2 実験方法 / p99
 6.3 結果および考察 / p99
 6.4 考察 / p108
 6.5 まとめ / p111
 参考文献 / p113
第七章 総括 / p115
謝辞 / p119
発表論文リスト / p121
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
関連情報(references)
1. Photo-Induced Isomerization of trans-Acetylene Radical Anion to Vinylidene Radical Anion in Solid 2-Met hyltetrahydrofuran. Y. Itagaki and M. Shiotani. J Phys. Chem.. Submitting. (Chapter 2)
2. Electronic Structure of Methylacetylene radical Anion: EPR and MO Study. Y. Itagaki, M. Shiotani and H. Tachikawa. Acta Chemica Scandinavica. 51(2). 220. 1997. (Chapter 3)
3. EPR Spectra and Structure of the Radical Cations of Fluorinated Benzenes. A. Hasegawa. Y. Itagaki and M. Shiotani. J. Chem. Soc. Perkin Trans. 2. 1625. 1997. (Chapter 4)
4. EPR Spectra and Structures of the radical Cations of Fluorinated Ethylenes and Propylenes. Y. Itagaki, M. Shiotani, A. Hasegawa and H. Kawazoe. J. Chem. Soc. Perkin Trans. 2. Submitting. (Chapter 5)
5. An ESR Study on Silver Atom-ammonia Adduct in γ-irradiated AgNa-A Zeolite with Low Silver Content. H. Yahiro, K. Manabe. Y. Itagaki and M. Shiotani. J. Chem. Soc. Faraday Trans. 1. 94. 805. 1998. (Chapter 6)
関連情報URL(references)
http://dx.doi.org/10.1021/jp990484p
http://dx.doi.org/10.3891/acta.chem.scand.51-0220
http://dx.doi.org/10.1039/A703093B
http://dx.doi.org/10.1039/A707157D
学位記番号
甲第1844号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(工学)
学位名の英名
Engineering
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1998-03-25
部局名
工学研究科