このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45283
本文ファイル
著者
松山 康成
キーワード
Restorative Justice
Restorative Approaches in Schools
Problem Solving
School Counselin
リストラティブ・ジャスティス
学校における修復的対話(RAiS)
問題解決
学校カウンセリン グ
NDC
教育
抄録(英)
The purpose of this report is to study Restorative Justice (RJ) and Restorative Approaches in Schools (RAiS) efforts in the United Kingdom. I learnt 1) How to introduce RJ and RAiS to School, 2) Educational system for teachers to support the introduction of RJ and RAiS.3) How to implement RAiS at school, In order to introduce RJ and RAiS to school, support of the board of education and school management is necessary. There is a RAiS facilitator at the school. The RAiS in the school can be operated smoothly by RAiS facilitator teaching RAiS to the teachers of the school.
内容記述
本研究はJSPS科研費(課題番号16H00072)の助成を受けたものです。
掲載誌名
学習開発学研究
11号
開始ページ
89
終了ページ
97
出版年月日
2018-03-16
出版者
広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
ISSN
1883-8200
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
部局名
教育学研究科
他の一覧