このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17722
本文ファイル
著者
大西 潤一
キーワード
絶対音感
異名同音
音高シラブル
言語的符号化
ストループ干渉
NDC
教育
抄録
音楽科の大学生, 大学院生17名に基準音(C)に続いてさまざまな音高を, その音高に対応する異名同音的に等価な複数の音名のうち,その音高の呼称として接触する頻度の高い音名のシラブル(C#であれば「ド」)で歌ったもの, 接触する頻度の低い音名のシラブル(同「レ」)で歌ったもの,および統制条件として母音で歌ったものを提示し,口頭およびキーボードの該当する鍵盤を押すことにより音高の同定を行わせた。その結果,口頭,鍵盤いずれの反応方法をとった場合でも,接触する頻度の低い音高シラブルで歌われた場合には,音高の同定に干渉効果が生じることが示された。
掲載誌名
音楽文化教育学研究紀要
16号
開始ページ
27
終了ページ
35
出版年月日
2004-03-25
出版者
広島大学教育学部音楽文化教育学講座
国立情報学研究所
ISSN
1347-0205
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧