このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43828
本文ファイル
別タイトル
A checklist of the parasitic nematodes of freshwater fishes of Japan (1905-2016) - Part 1
著者
長澤 和也 大学院生物圏科学研究科
キーワード
線虫類
寄生虫
淡水魚類
目録
文献集
Nematoda
Parasites
Freshwater fishes
Checklist
Bibliography
NDC
動物学
抄録
1905-2016年までの112年間に出版された文献に基づき,日本産淡水魚類から記録された線虫類の情報を寄生虫-宿主リストと宿主-寄生虫リストに整理した。これまでに2綱3目17科に属する線虫類が報告され,52名義種が記録された。そのうち,以下の10科に含まれる30名義種と未同定種の情報を本前篇で示す。各科に属する名義種数は次の通りである:ドリライムス綱ディオクトフィメ目の腎虫科(1種);同綱鞭虫目の毛細線虫科(4種);クロマドラ綱旋尾線虫目の頭飾線虫科(0種),鰾線虫科(2種),海回虫科(4種),兜線虫科(2種),大口線虫科(3種),魚線虫科(7種),極細線虫科(1種),顎口虫科(6種)。本目録には種まで同定されなかった線虫類の情報も含む。
抄録(英)
Information on the nematodes of freshwater fishes of Japan published during 112 years between 1905 and 2016 is assembled as Parasite-Host and Host-Parasite lists. Fiffty-two nominal species and some unidentified species of the nematodes in 17 families, 3 orders, and 2 classes were reported during this period. The first part of this checklist includes 30 nominal species in the following nine families: Dioctophymatidae (1 species) in the order Dictophymatida, and Capillariidae (4 species) in the order Trichocephalida (class Dorylaimea); Anguillicolidae (2 species), Anisakidae (4 species), Camallanidae (2 species), Cucullanidae (3 species), Cystidicolidae (7 species), Daniconematidae (1 species), and Gnathostomatidae (6 species) in the order Spriruida (class Chromadorea). Information is also given on the nematodes of Acuariidae and other families that were not identified to species level.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
8号
開始ページ
61
終了ページ
90
出版年月日
2016-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
生物圏科学研究科
他の一覧