このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43473
本文ファイル
Thumnail k7056_1.pdf 177 KB
Thumnail k7056_2.pdf 148 KB
別タイトル
大腸癌同時性腹膜播種患者における治療方針の検討 1.切除困難同時性腹膜播種大腸癌患者において、オキサリプラチンと分子標的薬の使用は予後を改善させる 2.大腸癌同時性腹膜播種患者において、mGPSは早期の死亡を予測する
著者
安達 智洋
NDC
医学
内容記述
内容の要旨 , 審査の要旨
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
© Springer Japan 2014
関連情報
Adachi, T., Hinoi, T., Egi, H. et al. Surg Today (2015) 45: 986.
Adachi, T., Hinoi, T., Hattori, M. et al. Surg Today (2015) 45: 1396.
関連情報URL
学位記番号
甲第7056号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Medical Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2016-05-26
部局名
医歯薬学総合研究科
備考
全文は、出版社の規定によりリポジトリでの公開が認められておりませんので、関連情報URLをご覧下さい。