このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26337
本文ファイル
別タイトル
Using multimedia for nurturing a solid academic prowess : The practice for Scientific thinking and Literacy
著者
村山 太郎
NDC
教育
抄録
広島大学附属福山中・高等学校では, 平成18年度末までに校内の情報ネットワーク基盤整備をおこない, ビデオ教材などの大容量のデータをネットワークを介して高速で配信することが可能となった。また, 全教員にノートパソコンが配布され, 全HR教室にはハイビジョン液晶TVが設置された。1年次の研究では, 完成したシステムの特徴をまとめ, その教育利用に関わる機能について分析をおこなった。また, システムの特長を活かした新たな活用の可能性を検討すると共に, マルチメディア教材や指導方法の開発にも取り組んだ。2年次の本研究では, 1年次の実践を発展させ, また新たな活用方法について検討すると共に, 教材開発にも取り組んだ。また, 校内の情報セキュリティに関する運用方法を検討し, また生徒の情報セキュリティ教育のあり方について, 実践をもとに検討をおこなった。特に, ハイビジョン液晶TVを核とするシステムは, 多様なメデイアの提示が可能であり, その能力を活かした活用がさまざまな形で実践されてきていることを報告し, 当校が研究している「科学的思考力やリテラシーを育む」ことに有効なツールとなることを示した。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
37号
開始ページ
189
終了ページ
193
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧