このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18276
本文ファイル
別タイトル
Comparative Study on the Sensual Description of Yoshimoto Banana and Shin Kyeong-Suk : Centered on "Sad presentiment" and "The train leaves at seven o'clock"
著者
李 銀炯
キーワード
よしもとばなな
申京淑
感覚表現
記憶
家族
Yoshimoto Banana
Shin Kyeong-Suk
sensual description
death
love
solitude
family
NDC
文学
抄録(英)
Yoshimoto Banana and Shin Kyeong-Suk of Korea are female authors of the same generation.They use sensual descriptions to show the inside of modem people in their works. And "Sad presentiment" and "The train leaves at seven o'clock" both deal with common theme using great store of sensual descriptions. In this paper these two similar works will be compared and contrasted to inquire into the two authors' individuality and the meaning of sensual description in their works.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
53号
開始ページ
263
終了ページ
271
出版年月日
2005-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1346-5546
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧