このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28800
本文ファイル
別タイトル
A Study on International Tourist Receipts and National Economic Growth in the World
著者
齋藤 英智
キーワード
国際観光収入
経済成長
観光推計モデル
International tourist receipts
Economic growth
Estimating models for tourism
NDC
運輸・交通
抄録
本論文は、今日世界的な重要性が指摘されるようになった観光(tourism)について、国際観光収入(tourist receipts)と観光客受け入れ国の経済成長との関係を考察することを目的とする。本論文において対象とした1987年から1996年の期間において、世界各国における観光収入の伸び率とGDPの伸び率には密接な関係があると言え、また、これらは国際収支統計上のサービス・所得収入を介して形成される。本論文ではこれら3者の関係について分析する。

さらに、本論文では新たな視点から観光収入を対象とした推定を試みる。観光推計モデルに関する既往研究は、需要側の側面からのアプローチが主流であり、時系列タイプのモデルに基づくものが多い。本論文では、供給側、すなわち観光客の受け入れ国における経済的特性を示す諸指標を用いて、供給型およびグラビティ・モデルのアナロジーに基づいて観光収入の推定を行う。推定結果は、為替レートが観光収入の減少要因として大きな規定力をもち、次いで航空輸送が増加要因として抽出された。
抄録(英)
The aim of this paper is to consider relationships between international tourist receipts and economic growth of countries as tourism destination. In the period of 1987 to 1996, we can point out close relationships between the growth of tourist receipts and the growth of GDP in many countries.

Tourist receipts and GDP are formed through credit of services & income in balance of payments. Therefore, in this paper we focus on these three elements. Moreover, we attempt to estimate tourist receipts in another point of view. In preceding literatures of estimating models for tourism, mainly the aspects of demand were emphasized, and many of them belong to the type of time series.

In this paper, we estimate tourist receipts from the aspects of supply side by using data of economical characteristics in tourist destinations. We attempt to construct a model by analogy with a gravity type of model as the base. The estimation work clarifies that the exchange rate strongly prescribes a factor to diminish tourist receipts, and aviation service is extracted as an increasing element.
掲載誌名
地域経済研究
15号
開始ページ
31
終了ページ
44
出版年月日
2004-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧