このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28783
本文ファイル
別タイトル
Trans-European Networks and New Economic Zone in Europe : Rotterdam-Berlin-Warsaw-Moscow Route
著者
香川 敏幸
黒木 英聡
末広 多親子
キーワード
国際分業体制
複合輸送
欧州経済空間
International Division of Labor
Combined Transport
Economic Zone in Europe
NDC
運輸・交通
抄録
欧州委員会は、1990年代に入り、これまで各国ベースで行われてきた運輸インフラストラクチャー整備を、欧州レベルで整備していくことを目的とした運輸インフラ整備構想を発表した。この運輸インフラ整備は、EUの東方拡大に代表される欧州における国際経済の変化と密接に結びついた計画である。欧州における1990年代以降の顕著な変化は、EU諸国と中・東欧諸国の接近に現れており、同時に、民間企業の中・東欧諸国への進出が、欧州における国際分業体制に変化をもたらしている。こうした国際経済関係の変化は、欧州におけるあらたな物理的ネットワークの必要性を促している。本研究ノートでは、欧州における国際経済関係の変化およびそれにともなう国際輸送の変化に着目するとともに、おもにロッテルダム・ベルリン・ワルシャワ・モスクワ間の欧州運輸インフラ整備についてそのプロジェクトの概要を明らかにし、インフラ整備とあらたな欧州経済空間の形成について考察する。
抄録(英)
The European commission released programs aiming at developing the Transportation Infrastructure Networks at European level in 1990s. Infrastructure networks have been developed from a viewpoint of domestic supply demand so far. New infrastructure program is linked with the economic trend in Europe. In 1990s, economic tie between EU countries and Central and Eastern European (CEE) countries has been strengthened and at the same time, manufacturing and trade structure in Europe is changing due to the increase of companies' making inroad into the market of CEE countries. Our research focuses on the economic and transportation trend in Europe and examines the relation between infrastructure networks and the development of new economic zone in Europe, by mainly dealing with the case of east-west axis of Rotterdam-Berlin-Warsaw-Moscow.
掲載誌名
地域経済研究
12号
開始ページ
121
終了ページ
131
出版年月日
2001-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧