このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28761
本文ファイル
別タイトル
Evaluation of community roads by surrounding residents in Hiroshima
著者
杉惠 頼寧
柿田 慎二
NDC
運輸・交通
抄録
本研究は1983年以降広島市で建設された5個所のコミュニティ道路の事後評価をアンケート調査を通じて行い、今後の拡充のための必要な情報を入手しようとするものである。その結果、既存のコミュニティ道路の評価はそれぞれの地区で異なるが、全体として周辺住民に好意的に受け入れられていることがわかった。しかし、新しく自分の家の周辺にコミュニティ道路を設けることに対しては、既存のコミュニティ道路ほど賛同が得られないことがわかった。その理由はそれぞれの地区の事情によるものと考えられる。この度新しく建設されたコミュニティ道路に隣接する小学校の生徒に対しても同様なアンケート調査を行うと、小学生も大人と同様にコミュニティ道路を高く評価していることがわかった。この道路の事前事後の車の速度を比較すると、速度低減の効果も大きいことも実証された。
抄録(英)
This paper aims to evaluate community roads which have been completed since 1983 in Hiroshima and to obtain necessary information for the purpose of developing more community roads. As a result, all of them are favored by the majority of surrounding residents even though the extent of evaluation is different by each road, but further development of the roads in front of their houses is less favored than that of existing roads. The reason seems to be depending on the special situation of each residential area. We can find similar evaluations for the road by school children in an elementary school adjoining their new community road who were specially participated in our survey. It is also confirmed that community road is effective in reducing traffic speed based on a pre and post traffic survey.
掲載誌名
地域経済研究
10号
開始ページ
19
終了ページ
27
出版年月日
1999-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧