このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28758
本文ファイル
別タイトル
Trans-European Networks : The Assessment and Implications
著者
香川 敏幸
黒木 英聡
塚本 いづみ
NDC
運輸・交通
抄録
欧州委員会は、1993年、「経済成長、競争力促進および雇用問題に関する白書」の中で、Trans-European Networks(以下、TENs)政策の概要を発表した。TENs政策は、「単一欧州市場」をさらに促進するためのあらたなインフラネットワークの整備を目的としている。この政策は、80年代以降、欧州統合が進展する過程での輸送分野を中心としたインフラ整備をエネルギー、情報通信の分野にまで拡大するものである。また、地域格差の是正や市民の福祉向上等、社会的インパクトも大きい政策として注目されている。

しかしながら、TENs政策で掲げられたプロジェクトを実際に実行に移すには、現段階でクリアしなければならない様々な課題も残されている。TENs政策に関わる問題点は、財政的問題、民間投資の活用法、行政単位の問題等に大別することができる。本研究ノートでは、おもに輸送、情報通信分野におけるTENs政策の概要を示すとともに、その問題点を指摘し、TENsの今後についての展望をおこなっている。
抄録(英)
The European Commission revealed "Trans-European Networks (TENs)" programme in White Paper on growth, competitiveness, and employment in 1993. It aims at further development of infrastructure networks in Europe. The European Community has developed infrastructure networks mainly in the field of transport networks since 1980s. Projects of TENs programme extend the fields to energy and telecommunications networks in addition to transport networks. TENs programme is expected to contribute to reducing regional disparity or promoting the welfare of citizens as well as realizing "open and competitive market" in Europe.

However, the implementation of networks as a whole is progressing moderately. Our research points out three problematic aspects of TENs programme at the present stage; financial problems, practical use of private sectors, and administrative aspects. In this research, we introduce TENs programme mainly in the fields of transport and telecommunications networks, and point out its problems to be solved.
掲載誌名
地域経済研究
9号
開始ページ
79
終了ページ
86
出版年月日
1998-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧