このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41415
本文ファイル
別タイトル
7種海藻中における第4級アンモニウム塩基の分布
著者
Hori, Kanji 大学院生物圏科学研究科 広大研究者総覧
Yamamoto, Takahiro
Miyazawa, Keisuke
Ito, Keijl
NDC
水産業
抄録
最近,海洋生化学資源の開発が重要視され,海産物由来のいくつかの有効物質が単離・同定されて,その生化学的および薬理学的役割が検討されてきている。その中で,海藻中にも2,3の有効物質が明らかにされてはいるものの,その数は少ない。本研究では,海藻中の有効物質が含窒素化合物に多いことから,海藻中の第4級アンモニウム塩基を7種の紅藻および緑藻を用いて検索した。

各海藻の70%エタノール抽出液中の第4級アンモニウム塩基をイオン交換カラムクロマトグラフィーを用いて単離・精製し,そのTLC上のRf値,IRスペクトルおよび融点を測定して,購入および合成した既知の第4級アンモニウム塩基のそれらと比較することにより同定した。その結果, laminine, candicine, stachydrine, glycine betaine, betonicine, β-homobetaineおよびγ-boutyrobetaineと2種の未同定塩基を検出した。candicineが海藻中から単離・同定されたのは,今回が最初と思われる。これら塩基の海藻種間における分布に関しては,特に特異性は認められなかった。
抄録(英)
Seven species of marine red and green algae were examined for quaternary ammonium bases. Nine bases were purified and isolated by ion exchange column chromatography from the ethanolic extracts of the algae. The isolated bases were identified by measuring their Rf values in thin layer chromatography, infrared spectra and melting points in comparison with specimen of thirteen kinds of authentic quaternary ammonium bases which were prepared by commercial means or syntheses. As the results, seven bases; laminine, candicine, stachydrine, glycine betaine, betonicine, β-homobetaine and γ-butyrobetaine, and two unidentified bases were detected. It was first demonstrated that candicine is present in marine algae. There is no essential difference in the distribution of the bases among the species of marine algae examined here.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
18巻
1号
開始ページ
65
終了ページ
73
出版年月日
1979-07-16
出版者
広島大学生物生産学部
ISSN
0387-7647
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧