このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41493
本文ファイル
別タイトル
Effect of Alkali-treatment on Rumen Digestion of Low-quality Roughages
著者
山谷 洋二
谷口 幸三
大谷 勲
NDC
畜産業
抄録
低品質粗飼料のアルカリ処理による飼料価値の向上の原因を追究する目的で,稲わら,大麦わらおよびもみ殻のアルカリ処理を施したものについて,その化学的組成の変化と走査電顕下の組織学的変化が,山羊のルーメン内での消化に及ぼす影響を検討した。

NaOH液で煮沸処理し,水洗した後の乾物の消失率は稲わらでは62%,大麦わらでは53%,もみ殻では49%とかなり大きい。粗蛋白質とシリカは殆んど全部消失し,NFE,リグニンおよびヘミセルロースもかなり消失する。一方粗センイ,ADFおよびセルロースの損失は少ない。

NaOH処理はこれらの低品質粗飼料の表面構造に大きく変化を与え,表皮の表層をなすシリカの溶脱のみでなく,表皮下のセンイ組織や柔組織を露出するなど,その全体的な構造に大きな変化をもたらすことが認められた。山羊のルーメン内での消化は,アルカリ処理を施した試料では,乾物についても,その他のセンイ成分についても約2倍に改善された。このことは上述の細胞壁組織の全体的な構造的変化が,シリカなどの阻害物質の除去と相まって,微生物,従って分解酵素のセルロースやヘミセルロースなどの可消化成分への接触と攻撃を容易にしたためと考えられる。
抄録(英)
The low feeding value of rice straw (RS), barley straw (BS) and rice hulls (RH) can be accounted for largely by their relatively high contents of silica and lignin, and also by their rigid cell wall structure. In order to overcome this defect, the effect of NaOH-treatment of these low-quality roughes on the rumen digestion in connection with the changes of scanning microscopic structure has been examined.

Losses of dry matter of NaOH-treatment and washing were 62% for RS, 53% for BS and 49% for RH. The treatment lost nearly all of CP and silica, and fairly large part of NFE, lignin and hemicellulose, while the losses of C. Fiber, ADF and cellulose were very slight.

NaOH-treatment affects the surface condition of these low-quality roughages, by dissolving the silicate layer of the epidermis and by exposing the underlying fibrous tissues and parenchyma. Digestibility in goat rumen increased largely by the NaOH-treatment, this is due to the dissolution of the interfering materials and the structural improvement.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
19巻
2号
開始ページ
265
終了ページ
273
出版年月日
1980-12-25
出版者
広島大学生物生産学部
ISSN
0387-7647
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧