このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41475
本文ファイル
別タイトル
Sensitivity in vitro of Mycoplasma gallisepticum Isolated from Chickens and Eggs in 1969-1971 to Some Antibiotics
著者
村田 昌芳
梶川 道治
国安 主税
吉田 佳充
NDC
畜産業
抄録
1969~71年に,わが国各地の成鶏および死ごもり卵から分離された85株のMycoplasma gallisepticum (MG)と参考菌株KP-13,1RF,SP-23GおよびTS-18Gの4株について,現在鶏のMG感染症の予防治療に用いられている主要抗生剤TC,SPMおよびTSとそれに加えてCPおよびSPCTに対するin vitroでの最小発育阻止濃度(MIC)を,液体培地希釈法(broth dilution method)により検討した。

その成績は,下記に示すとおりである。
1) TSについては,MICが0.1μg/ml以下を示す菌株が11%,また3~30μg/mlの範囲を示す菌株が約80%みられた。TSについてのMICの幅は<0.1~100μg/mlであった。2) SPMについては,MICが100μg/ml以上を示す菌株が62%,0.3~3μg/mlの範囲を示す菌株が28%みられた。そのMICの幅は0.3~100ug/ml以上であった。3) SPCTについては,MIC10μg/mlを示す菌株が67%みられ・そのMICの幅は1~30μg/mlであった。4) TCについては,MIC1μg/mlを示す菌株が85%あり,MICの幅は0.3~3μg/mlであった。5) CPについては,MIC10~30μg/mlを示す菌株が91%あり,MICの幅は3~100μg/mlであった。6) 死ごもり卵由来MG株において,孵卵前に卵がTS液に浸漬された卵由来株と,同液非浸漬卵由来株の間には薬剤感受性の差は認められなかった。

以上の成績から,TSとSPMについてのMICは共に分散している事が知られ,それに対して他の薬剤のMICは,ある一定薬剤濃度を中心に比較的集中している事が知られた。

関東と九州というように菌株の分離地域の異なる菌群間で,TSとSPMのMICパターンに差異がみられ,前者は一定薬剤濃度に集中し,後者は広い範囲に分散する傾向がみられ,菌株の薬剤感受性に分離地域による若干の差異がみられた。

供試菌株のCP,TCおよびSPCTに対するMICは,1965年のNEWNHAMとCHU18)および1966年の松井ら12,13)の成績と比較すると,それらのMICは数倍増加していた。さらにTSとSPMについては,最近の数年間に一部の菌株では,約1,000~10,000倍の耐性化が認められた。一方,TCに対する耐性増加は10倍程度であった。
抄録(英)
A total of 85 strains of Mycoplasma gallisepticum isolated from chickens and pipped eggs in various regions in Japan, 1969-71 and some reference strains of M. gallisepticum were examined for sensitivity in vitro of 5 antibiotics commonly used.

The sensitivity was determined by observation of the minimum inhibitory concentration (MIC: µg/ml) in vitro of the antibiotics to the cultures by the broth dilution method.

The following results were obtained.
1) No difference of the drug sensitivity was observed between the cultures isolated from pipped eggs with and without tylosin dipping before incubation.
2) The MICs of tylosin to the cultures ranged widely from < 0.1 to 100 µg/ml. The MICs of 3-30 µg/ml were observed into 80% of the cultures.
3) The MICs of spiramycin to the cultures ranged widely from 0.3 to 100 µg/ml. The MICs of 100 < µg/ml to 62% and of 0.3-3 µg/ml into 28% of the cultures were observed, respectively.
4) The MICs of spectinomycin to the cultures ranged from 1 to 30 µg/ml. The MIC of 10 µg/ml was observed into 67% of the cultures.
5) The MICs of tetracycline to the cultures ranged from 0.3 to 3 µg/ml. The MIC of 1 µg/ml was observed into 85% of the cultures.
6) The MICs of chloramphenicol ranged from 3 to 100 µg/ml. The MICs of 10-30 µg/ml were observed into 91% of the cultures.
7) Some localities of the cultures in the drug sensitivity and MIC pattern of the cultures were observed as being based upon the regions which the cultures originated from.

According to the above mentioned results, the increased resistance approximately 1,000 to 10,000 times higher than the results reported by some workers12,18) several years before was confirmed in some cultures examined here to tylosin and spiramycin. However, such a remarkable increasing of resistance of the cultures was not observed to tetracycline.
内容記述
本研究の一部は,第78 回日本獣医学会(1974 年8月)で口頭発表したものである。
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
19巻
1号
開始ページ
55
終了ページ
68
出版年月日
1980-07-30
出版者
広島大学生物生産学部
ISSN
0387-7647
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧