このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41432
本文ファイル
別タイトル
Nutrient Intake of Beef Cows Grazed in Forest
著者
山谷 洋二
大谷 勲
NDC
畜産業
抄録
著者らは林畜経営における放牧和牛の発育阻害要因を解明するための種々の調査研究を行なっているが,今回は,子牛の発育に大きな影響を及ぼす繁殖牛の養分摂取量を,野草地放牧のみに依存する7~10月の期間に限って調査した結果を報告する。
1. 標識牛の追跡による採食行動の調査と全糞採取,およびクロモーゲン指標物質法によって放牧牛の摂取養分量を推定した。
2. 調査牧区の植生は,7月末期のE牧区ではススキとネザサが優占種であり,9月初旬のA牧区ではススキの群落が優占し,次いでネザサが多かった。10月初旬のA牧区はネザサのみであった。以上の結果,放牧牛の食草割合も7月末期ではネザサとススキの割合が5:5,9月初旬には3:7,10月初旬にはススキのみであった。
3. ネザサとススキの成分は主として季節の進行による水分含量の減少によって変動した。ネザサの粗蛋白含量は約4%でススキの2倍である。
4. 野草の摂食量は体重100kgあたりで,7月末期には生草5.48kg,乾物換算で1.70kg,9月初旬には生草で5.30kg,乾物で2.19kg,10月初旬には生草で3.16kg,乾物で1.48kgだった。
5. 採食野草の消化率から求めた養分含量は,7月末期ではTDN16.4%,DCP1.60%,9月初旬にはTDN17.7%,DCP1.51%,10月初旬にはTDN19.0%,DCP2.13%である。
6. 放牧繁殖牛の推定養分摂取量は7月初旬には(体重335kg), DM5.71kg, TDN3.01kg, DCP0.29kg, 9月初旬には(体重403kg), DM8.79kg, TDN3.78kg, DCP0.32kg, 10月初旬には(体重330kg), DM4.85kg, TDN1.98kg, DCP0.22kgであった。これを日本飼養標準の成雌牛の維持の要求量とくらべると,7月末期の摂取量は標準比DM119%, TDN126%, DCP150%となり,9月初旬ではDM159%, TDN134%, DCP145%となり,10月初旬にはDM103%, TDN84%, DCP115%となる。
抄録(英)
This study was undertaken for the purpose of elucidating some defects in the production of beef cattle (Japanese Black Cattle) bred in forests. The grazing behaviours of beef cows were observed and their nutrient intakes were estimated in July-October during which they did not receive any other supplementary feeds.
1. The two most dominant grasses in the forests were Nezasa (Pleioblastus variegalus Makino) and Susuki (Miscanthus sinensis Anderss). The cows grazed mostly on these.
2. The nutrient contents of these grazed grasses were 16.4% of TDN and 1.60% of DCP at the end of July; 16.4% of TDN and 1.51% of DCP at the beginning of September; and 19.0% of TDN and 2.13% of DCP at the beginning of October.
3. The estimated nutrient intakes of the grazing cows in these forests were 5.17Kg of DM, 3.01Kg of TDN and 0.29Kg of DCP at the end of July (BW 335Kg); 8.79Kg of DM, 3.78Kg of TDN and 0.32Kg of DCP at the beginning of September (BW 403Kg); and 4.85 Kg of DM, 1.98Kg of TDN and 0.22Kg of DCP at the beginning of October (BW 330Kg). These values correspond to 119% of DM, 126% of TDN and 150% of DCP, of those of the maintenance requirement of beef cows in the Japanese Feeding Standard, at the end of July; 159% of DM, 134% of TDN, 145% of DCP at the beginning of September; and 103% of DM, 84% of TDN and 115% of DCP at the beginning of October.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
18巻
2号
開始ページ
241
終了ページ
246
出版年月日
1979-12-25
出版者
広島大学生物生産学部
ISSN
0387-7647
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧