このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41431
本文ファイル
別タイトル
Rumination by Goats Consumed Diets with Varying Forage Ratio
著者
谷口 幸三
山谷 洋二
大谷 勲
NDC
畜産業
抄録
反芻家畜における濃厚飼料多給時の反芻行動を調べるため,山羊4頭を供試し,飼料中の乾草を10%, 20%, 30%, 40%, 60%, 80%とした給与割合の異なる6種の飼料を給与し, 反芻時間,再咀しゃく時間,吐出回数, 反芻期回数などを測定し検討した結果は次の通りである。
1. 乾草割合が増加するにつれて反芻時間は162分(乾草10%給与)~590分(乾草80%給与)に増加した。同様に再咀しゃく時間は104分~472分,吐出回数は152回~608回に増加した。しかしそれらの増加割合はいづれも30%を境として異なる傾向が認められた。
2. 反芻期回数は乾草30%~80%給与ではほぼ一定であったが,乾草10%, 20%給与では減少した。
3. 乾草単位摂取量当りの再咀しゃく時間は乾草給与割合が低率になるにつれて増加の傾向があったが,特に10%給与では急増する傾向が認められた。
4. 各反芻行動に供試山羊の個体差が認められ,特に乾草10%給与では顕著であった。
5. 以上の結果から正常な反芻行動を起こさせるためには,粗飼料として30%以上必要なことが示唆された。
抄録(英)
A detailed analysis was made of the rumination behavior of four goats on six different combinations of diets, containing 10%, 20%, 30%, 40%, 60% and 80% of hay.
1. By increase of the hay level from 10% to 80%, the time spent in ruminating increased also from 162 to 590 min, the actual chewing time from 104 to 472 min, and the number of boli regurgitated from 152 to 608. The rate of increase in these values was larger below 30% of hay than that up from 30% to 80% hay.
2. The number of the rumination periods was fairly constant in the diets containing from 30% to 80% hay, but they were much lesser in the case of 10% and 20% hay diets.
3. By decreasing the ratio of hay in diets from 80% to 30%, the actual chewing time per 100g hay intake gradually increased, and it remarkably increased in cases from 20% to 10% of hay.
4. In receiving a diet of 10% hay, the figures showed a great variation among the animals for their various rumination behaviors.
5. It was suggested that, for their normal rumination activity, goats need more than 30% forage in their diet.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
18巻
2号
開始ページ
233
終了ページ
240
出版年月日
1979-12-25
出版者
広島大学生物生産学部
ISSN
0387-7647
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧