このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23440
本文ファイル
28-1287.pdf 1.01 MB
別タイトル
食品の力学的特性測定を目的とした簡便な実用的測定装置に関する研究
著者
Moturi, Samuel A.
Kubota, Kiyoshi
NDC
家政学・生活科学
抄録
食品のテクスチャーは、食品製造の工業装置の設計計算、プロセス制御に対して重要なパラメー夕である。前報33)において、液状食品の流動方程式の設定に関する研究を行ってきた。本研究では、個体状食品のレオロジー的特性測定に対して有用となる簡便な圧縮破断特性装置の利用に関する研究を行った。寒天、寒天-砂糖および寒天-食塩ゲルのレオロジー的特性の測定を行った。圧縮破断における応力、ひずみおよびエネルレギーの値を測定した。圧縮破断応力は、寒天の濃度の上昇と圧縮速度の上昇に伴って増加する結果が得られた。砂糖と食塩の添加の影響は、本研究における添加量に対してはほとんど影響がみられなかった。
抄録(英)
Thc texture o f foods is an important physical property for designing equipment for controlling various food processes and for product quality control. In previous papers33) we studied the properties of liquid foods with particular reference to their flow and to their related equations. In this investigation, a simple and reliable apparatus was assernbled and used for studying the rheological properties of solid foods, paying particular attention to compression properties. The rheological properties of agar, agar-sugar, and agar-salt gels were invesigated. The results show an increase of compressive breaking stress with agar concentration and crosshead speed. In the limited ranges of our study, addition of salt and sugar has little significance, if any, for the properties of agar gels.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
22巻
1号
開始ページ
43
終了ページ
54
出版年月日
1983-08
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧