このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23432
本文ファイル
26-2031.pdf 856 KB
別タイトル
しょう油とウスターソースの低流速域における流動特性に関する研究
著者
Moturi, Samuel A.
Kubota, Kiyoshi
NDC
家政学・生活科学
抄録
液状食品に関する流動方程式は、各種装置を設計、制御をしていく場合に必要となる。

本研究では、しょう油とウスターソースの低流速域における流動特性に関する研究を、温度T=276~323゜Kにおいて行った。

流動特性の測定には、圧力を変化させて操作できる毛管形粘度計を使用した。いずれもニュートン流動を示した。粘度の温度関係式として次式が得られた。
K = a exp (b/T ^m ) [g/㎝・sec]
しょう油 : a = 2.03 × 10⁻³, b = 7.63 × 10⁷, m = 3
ウスターソース : a = 1.94 × 10⁻³, b = 8.20 × 10⁷, m = 3

また、密度の温度関係式として次式が得られた。
p = a + bT + cT² [g/㎝³]
しょう油 : a = 0.991, b = 1.70 × 10⁻³, C = - 3.45 × 10⁻⁶
ウスターソース : a = 0.870, b = 2.48 × 10⁻³, C = - 4.59 × 10⁻⁶,
抄録(英)
The flow equations of liquid foods are important for designing the equipment and controlling the various processes. In this investigation, the flow behaviour of two popular products namely Shoyu and Sauce have been analysed at 276 - 323°K for low Reynolds nurnbers. For measuring the flow behaviour a capillary tube viscometer operated under various pressures was used.

The results indicate that the flow behaviour of these products, under relevant conditions of the experiment, is Newtonian. The variation of the viscosity of these products as a function of temperature was investigated and an equation proposed(**) for the exponential curves thereof. Along similar lines, the variation of density with temperature was analysed and visualised as hyperbolic curves(***).

(**)
  K = a exp (b/T ^m) (g/cm-sec)
For Shoyu:
  a = 2.03 × 10⁻³, b = 7.63 × 10⁷, m = 3
For Sauce:
  a = 1.94 × 10⁻³, b = 8.20 × 10⁷, m = 3

(***)
  p = a + bT + cT² (g/㎝³)
For Shoyu:
  a = 0.991, b = 1.70 × 10⁻³, C = - 3.45 × 10⁻⁶
For Sauce:
  a = 0.870, b = 2.48 × 10⁻³, C = - 4.59 × 10⁻⁶
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
21巻
1・2号
開始ページ
23
終了ページ
33
出版年月日
1982-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧