このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30151
本文ファイル
別タイトル
Shear Stress Dependence of Flow Properties of Gelatinized Modified Starch Suspensions
著者
朝田 仁
NDC
家政学・生活科学
抄録
由来澱粉種, リン酸架橋度, 置換度や濃度の異なる化工澱粉糊化液の流動挙動を調べたところ, ヒステリシスに加えて, ずり応力に依存した2種類の流動挙動があることを認めた. この流動は, ワキシーコーンターチ由来のスターチAでは, 負荷したずり応力の大きさや回数に依存して流速が減少し平衡値に達した. また逆に, バレイショ由来のスターチBでは, ずり応力に依存して流速は増加する挙動となった. また, スターチBの流速増加挙動は, 流速が平衡値に達さないで進行し続けた. この両挙動は, ずり応力の大きさや静置時間に関係なく回復しなかった.
抄録(英)
Flow properties of gelatinized modified starch suspensions were studied using a tube viscometer. The modified starches used were commercially available samples of hydroxypropylated distarch phosphate derived from waxy corn and potato starches (Starch A and Starch B). Two types of irreversible shear stress dependence of flow behavior were observed. By applying shear stress on the gelatinized starch suspensions, fluidity of Starch A (5.0 wt%) decreased to an equilibrium value, while fluidity of Starch B (4.5 wt%) increased. The equilibrium fluidities of Starch A depended on the intensity and frequency of the shear stress applied. On the other hand, the equilibrium value for the increase in fluidity of Starch B was not observed. Flow behavior observed under shear stress was not recovered, irrespective of the intensity of shear stress and/or standing period of time.
掲載誌名
日本食品科学工学会誌
43巻
1号
開始ページ
56
終了ページ
63
出版年月日
1996-01-15
出版者
日本食品科学工学会
ISSN
1341-027X
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
関連情報URL
部局名
生物圏科学研究科