このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30159
本文ファイル
別タイトル
Effects of Notch Introduction on 3-Point Bending Cutting Characteristics of Frozen Fish
著者
NDC
家政学・生活科学
抄録
凍結切断時の切断応力の低減を目的として, モデル魚肉およびサンマを用いて, 切り欠き導入による切断応力低減効果と切断面の滑らかさに与える影響を検討した. その結果, モデル魚肉およびサンマとも切り欠き導入により切断応力の低減効果が認められ, 切断面の滑らかさも向上することが明らかとなった. また, 導入する切り欠きが鋭いほど, 切断応力を低減できる可能性を明らかにした.
抄録(英)
We have proposed a freeze cutting method in which a three point bending load is applied on a frozen fish body to cut in round slices. Lowering the three-point bending load can facilitate the freeze cutting processing. Based on the idea that a notch in the fish body may lower the cutting load, the effect of introducing a notch was examined with respect to cutting stress and smoothness of cut surface in model fish meat and in saury. It was found that the introduced notch effectively lowered the cutting stress in both the model fish and saury, and that the smoothness of cut surface was improved. This study also showed the possibility that a sharper notch could attain lower cutting stress.
掲載誌名
日本食品科学工学会誌
49巻
4号
開始ページ
267
終了ページ
271
出版年月日
2002-04-15
出版者
日本食品科学工学会
ISSN
1341-027X
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
関連情報URL
部局名
生物圏科学研究科