このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33768
本文ファイル
著者
金本 満
NDC
海洋工学・船舶工学
目次
第1章 緒論 / p1
 1.1 従来の研究と本研究の目的 / p1
 1.2 本論文の構成 / p3
 参考文献 / p6
第2章 開水路網形態のグラフ表示 / p9
 2.1 緒言 / p9
 2.2 グラフ理論の概説 / p9
 2.3 グラフ理論による開水路網形態の定量的表示 / p12
 2.4 結言 / p15
 参考文献 / p16
第3章 特性曲線法による開水路網非定常流の解析方法 / p17
 3.1 緒言 / p17
 3.2 単一開水路の基礎方程式の特性表示 / p18
 3.3 特性方程式の離散化と行列表示 / p19
 3.4 解析手順 / p31
 3.5 結言 / p32
 参考文献 / p33
第4章 直接差分法による開水路網非定常流の解析方法 / p35
 4.1 緒言 / p35
 4.2 4点陰形式差分法による解析方法 / p36
 4.3 MacCormackによる解析方法 / p53
 4.4 結言 / p60
 参考文献 / p62
第5章 分流点・合流点のエネルギー損失を考慮した開水路網非定常流の解析方法 / p65
 5.1 緒言 / p65
 5.2 分流点・合流点に対する運動方程式 / p66
 5.3 分流点・合流点の貯留方程式 / p77
 5.4 開水路網のシステム・モデルの定式化と解法 / p79
 5.5 結言 / p82
 参考文献 / p83
第6章 モデル水路および実河川網への適用例 / p85
 6.1 緒言 / p85
 6.2 モデル水路における数値計算例 / p86
 6.3 低平地河川網の洪水流解析 / p100
 6.4 山地河川網の洪水流解析 / p109
 6.5 結言 / p117
 参考文献 / p119
第7章 結論 / p121
付録A ソースに水位を与えた場合のシステム方程式の行列表示 / p125
 A.1 エネルギー損失を考慮しない場合 / p125
 A.2 エネルギー損失を考慮した場合 / p126
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
学位記番号
乙第2376号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(工学)
学位名の英名
Engineering
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1993-02-18
部局名
工学研究科