このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43829
本文ファイル
別タイトル
Contents of Inscriptions on Stone Monuments Related to Flood or Debris Flow Disasters in Hiroshima Prefecture, Southwest Japan.
著者
藤本 理志
小山 耕平
熊原 康博 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
石碑
洪水
広島県
土石流
防災
stone monument
flood
Hiroshima prefecture
debris flow
disaster prevention
NDC
建築学
抄録
本研究では,広島県内の土石流や洪水に関する石碑の碑文の内容を整理・集約した。特に,漢文で刻まれた碑文の内容は理解することは難しいため,碑文を現代語に訳した。広島県では1909(明治42)年から現在までに水害碑が少なくとも38基建立されている。概して,第二次世界大戦前までの石碑は,災害の様子,復興の過程に関する詳細な情報が記述されるものが多い。一方,戦後の石碑は,災害の概要を端的に伝え,慰霊や復旧記念を目的とするものが多い。水害碑は,被災地の位置や被災当時の様子を,地域の住民に伝えることができる防災教育に資する媒体であり,本稿はその一助となると期待される。
抄録(英)
We examine contents of the inscriptions on all of the stone monuments related to flood or debris flow disasters in Hiroshima Prefecture, southwest Japan. Because it is difficult for people today to understand the meaning of the inscriptions, which were written in classical Chinese, we translate those in modern Japanese. At least 38 monuments were erected in Hiroshima Prefecture during the 106 years between 1909 and 2015. The contents of inscriptions from before World War II and during the war include plentiful information related to the process of erecting the monument, and details on disaster damage and restoration work. The contents inscribed on the monuments built after the war have mainly eulogized disaster victims or memorialized restoration work, and include only brief information on disaster damage. These monuments have the potential to inform local people about the situation and areas affected by past disasters. This research contributes to education for disaster prevention by increasing awareness of past disasters.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
8号
開始ページ
91
終了ページ
113
出版年月日
2016-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
教育学研究科
他の一覧