このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37634
本文ファイル
k6671_3.pdf 9.22 MB
k6671_1.pdf 137 KB
k6671_2.pdf 169 KB
別タイトル
Evaluation for remaining strength of steel structure considering performance deterioration of girder web and joint due to corrosion
著者
佐竹 亮一
NDC
建築学
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
関連情報(references)
藤井堅,海田辰将,佐竹亮一,時乗良彦; 沿岸海域で腐食した円形鋼管杭の現場での超音波板厚計測の信頼性とそれに基づく残存強度評価; 構造工学論文集,Vol.58A,pp.692-700,2012.3. (doi: 10.11532/structcivil.58A.692)
佐竹亮一,藤井堅,小迫伸聡,山下泰勲,海田辰将; 約100年間供用された橋梁のリベット継手の残存強度試験; 構造工学論文集,Vol.59A,pp.702-710,2013.3.
佐竹亮一,藤井堅,藤井晴香,植村俊哉,中山太士; 局部腐食を有する鈑桁のせん断応力分布と残存せん断耐荷力の評価; 鋼構造論文集,No.85,掲載予定
R.Satake, K.Fujii, N.Kosako, T.Kaita; Remaining strength test of riveted joint of a bridge used for about 100 years; Bridge Maintenance, Safety, Management and Life Extension, pp.2441-2448, 2014.7. (doi: 10.1201/b17063-370)
R.Satake, K.Fujii, Y.Mori; Evaluation for residual axial force of corroded high tensile bolts; The Second Australasia and South-East Asia Structural Engineering and Construction Conference, pp.77-82, 2014.11. (doi: 10.14455/ISEC.res.2014.8)
佐竹亮一,井上太郎,藤井堅; 構造全体からみた鋼橋の保有強度に関する一考察; 土木学会第69回年次学術講演会,pp.1229-1230,2014.9.
関連情報URL(references)
http://doi.org/10.11532/structcivil.58A.692
https://www.jstage.jst.go.jp/article/structcivil/59A/0/59A_702/_pdf
http://doi.org/10.1201/b17063-370
学位記番号
甲第6671号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(工学)
学位名の英名
Doctor of Engineering
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2015/03/23
部局名
工学研究科