このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41166
本文ファイル
別タイトル
Salmonella Contamination of Rivers and Sewages in Fukuyama City
著者
橋本 秀夫
平田 泰治
原田 慧
清水 健
NDC
公害・環境工学
抄録
地方都市におけるサルモネラによる環境汚染の実態を知る目的で,昭和41・42年に広島県東部地区福山市における河水,下水などを対象としてサルモネラの検索を行なった.その結果,以下のような成績が得られた.
1. サルモネラ陽性率は河水が23.6% (13/55),下水が22.2% (8/36),と場汚水が36.8% (7/19)の成績であった.
2. これらの陽性率は,東京,大阪など大都市における河川および下水のサルモネラ陽性率に比べると,まだ低い状況にある.
3. 28例の陽性検体から分離された33株の血清型は,S. derby,S. typhimurium,S. montevideo,S. thompson,S. mikawashima,S. narashino,S. enteritidis,S. meleagridis,S. give,S. senftenberg,S. westerstedeの11種類に分類された.
4. S. westerstedなど,広島県で今までにみられたことが無い新しい菌型が多数検出されたことから,当地方におけるサルモネラによる環境汚染の進みつつあることが推定できる.
5. このようなサルモネラによる環境汚染の実態から,今後の食品衛生上に及ぼす影響などについて指摘した.
抄録(英)
One hundred and ten water samples collected from the rivers, sewages and slaughterhouse in Fukuyama city in the eastern district of Hiroshima prefecture were examined for Salmonella organisms,from October 1967 to December 1968.

It was found that 23.6% (13/55) of the rivers, 22.2% (8/36) of the sewages, and 36.8% (7/19) of the sewages of the slaughterhouse were contaminated by this organism.

These results show that the percentage of contamination is smaller in Fukuyama city than that in a large cities,such as Tokyo or Osaka.

Thirty three strains of Salmonella isolated from water samples were divided into the following 11 serotypes: S. derby,S. typhimurium,S. montevideo,S. thompson,S. mikawashima,S. narashino,S. enteritidis,S. meleagridis,S. give,S. senftenberg and S. westerstede.

It might be presumed that the environmental contamination of the area by the organisms is increasing gradually,since new types of Salmonella,e.g. S. westerstede etc. never found in Hiroshima prefecture before,were isolated in the area.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
10巻
2号
開始ページ
153
終了ページ
160
出版年月日
1971-12-25
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧