このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49951
本文ファイル
著者
KISHIMOTO, Shinya
KOSAKA, Tatsuya
TAKABA, Norio
OGAWA, Mitsuyo
KONEMORI, Reiko
OKAMOTO, Kazuma
SHIMIZU, Satoru
KUNITA, Toshiro
DAITOKU, Kunihiko
KAJIYAMA, Goro
MIYOSHI, Akima
キーワード
Bullfrog
Gut
VIP
PHI
NDC
医学
抄録(英)
The present paper provides the first definitive evidence on the presence and possible co-existence of VIP- and PHI-like peptides in the peripheral nervous system of the amphibian (bullfrog) gut wall. The possibility of co-existence of the peptides suggests that VIP- and PHI-like peptide may be synthesized from the same precursor protein in the amphibian.
掲載誌名
Hiroshima Journal of Medical Sciences
35巻
4号
開始ページ
419
終了ページ
424
出版年月日
1986-12
出版者
Hiroshima University School of Medicine
ISSN
0018-2052
NCID
PubMedID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬学総合研究科
他の一覧