このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28939
本文ファイル
別タイトル
Particle Distributions and Transport Processes in the East China Sea
著者
岡村 和麿
清本 容子
キーワード
物質輸送
陸棚縁辺部
長・短期変動
内部潮汐
海底高濁度層
NDC
地球科学・地学・地質学
抄録
MASFLEXプロジェクトの一環として, 東シナ海のPN線を中心とした陸棚, 陸棚斜面, 沖縄舟状海盆, 及び隣接外洋域において粒状懸濁物, 濁度の分布を調べると共に, セディメントトラップ, 濁度計, 流速計の短期・長期係留実験を実施した.

その結果, クロロフィル, 生物起源粒状珪素等の分布から陸棚における植物プランクトンの春季増殖, 及び長江沖の高生産力域が明瞭に示された。一方, 陸起源粒状珪素, 濁度等の分布から, 夏季・秋季の陸棚における海底高濁度層の顕著な発達と冬季鉛直混合による内部陸棚域での活発な再懸濁過程が明らかとなった.

沖縄舟状海盆の中・深層における粒子フラックスは, 陸棚上の季節風変動パターン, 台風等との関連が示峻され, 陸棚斜面域における粒子フラックスは内部潮汐の影響を大きく受けていることが示された. これらのことから, 沖縄舟状海盆の中・深層における粒子フラックスは, 海盆表層からの鉛直輸送よりは主に陸棚からの水平輸送によるものと推察された. また, 陸棚域における粒子フラックスと基礎生産量との比較から, 基礎生産量の5~20%程度が沈降粒子として有光層下に運ばれていることが明らかとなった.
抄録(英)
We have conducted a long- and short-term particulate flux studies using sediment traps together with turbidity and current meters on the shelf, slope, Okinawa Trough in the East China Sea and the adjacent Pacific Ocean. Temporal and spatial variations of suspended matter and turbidity were also studied.

The distribution of chlorophyll a and particulate biogenic silica (BSiO_2) showed a phytoplankton spring bloom on the shelf and a high productive area off Changjiang River. On the other hand, the distribution of particulate lithogenic silica (LSiO_2) and turbidity revealed a well-developed bottom turbid layer on the shelf in summer and autumn, and resuspended bottom sediments of the entire water column on the inner shelf, particularly in winter mixing period.

The variability of particle fluxes at the deep waters of the Okinawa Trough was seasonally coupled to local climate and oceanographic events such as monsoon wind and typhoon. The variability of particle fluxes on the slope was also influenced by the short-term events such as internal tide.

The observation showed that resuspension and near-bottom transport of the sedimented particles from the shelf to the Okinawa Trough may be key processes of cross-shelf transport of biogenic and lithogenic particles. Further, 5-20% of annual primary production was transported into deep layers, indicating that the most of primary production is utilized within the euphotic zone.
掲載誌名
沿岸海洋研究
36巻
1号
開始ページ
29
終了ページ
37
出版年月日
1998-08
出版者
日本海洋学会沿岸海洋研究部会
ISSN
1342-2758
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1998 日本海洋学会 沿岸海洋研究部会
部局名
生物圏科学研究科